NHレビ-ル

2017年4月20日 (木)

レビ-ルとハナンズ

 
これは昨日の朝の画像
市民農園で一番日当たりの悪い場所に植えたレビ-ル
やっと開花してきました。
 
この花は白さが強い可憐な花。
 
Img_3182
 
苗はまだ小さくて 80センチくらいでしょうか。
遠い畑ではおばけと言うくらい大きくなった品種。
南側にハウスがあって場所悪いのですが、この子なら育つと植えたもの。
これはノ-ザンでよく似た名前のサザンのリヴェイルとは全く別品種です。
 
Img_3183
 
まだまだ養成中なのですが、枝先や下の方にぼつぼつ花が咲いてきました。
収穫はブル-リッジと同期ですがノ-ザンとしては遅いほうで梅雨にかかります。
果実の味はメリハリないタイプですが甘めで悪くはないです。
何といっても豊産で鈴なりの果実には満足度高いです。
ただしここのはまだ幼くてこれからですけどね。
 
 
 
以下の画像はノ-ザンのハナンズチョイス
もうミツバチがしっかり受粉した後です。
 
Img_3186
 
樹は丈高く少し伸ばしすぎです。
去年は不調でいまいちの収穫だったのですが今年はちょっとまし程度。
 
Img_3185
 
花もまあまあですが大きめの花 クラスタ-は小さいですね。
 
Img_3188
 
味はかなり良いほうだったと思うけど、去年不作だったから覚えていません。
一昨年遠い畑から移植したから、完全には回復出来てないです。
鉢植えからの地植えは簡単ですけど、地植えからの移植は難しいですね。
特に成木はよけい厳しいような・・そんな気がするのは私だけかな。

| | コメント (8)

2016年11月 2日 (水)

少しの紅葉と変葉

 
朝夕15度以下の日も多くなって もう紅葉の季節なのに
今年は猛暑が長く続いたせいかちっとも紅葉しません。
 
この畑で一番の紅葉はサザンのブラッデン赤花の品種です。
これは植替えをしたことが影響しているかもしれませんが
他の植替え品種と違って一番に美しい色になりました。
 
Img_2587
 
 
こちらは僅かな紅葉 レビ-ル白花ですが葉の表面恥じらいがちの
頬を染めたような色です。
 
Img_2589
 
 
 
以下は全部スパルタンですが
まだ緑が多くほんのわずかな色づきです。
ただし下画像は一番色づいてる枝です。
 
Img_2591
 
Img_2592
 
Img_2594
 
全体の紅葉は以下の画像程度です。
 
Img_2595
 
この画像見てお気づきでしょうが、今年は少し変なのです。
ほとんどの葉が外側に撓んで 葉脈の中心線が赤いのもあります。
ここには3本の大樹があるのですが、全部こんな様子です。
少々の葉なら気にしませんが、今年は全葉なのですよ!
多分何らかの根の異常かもしれませんね。
 
地植えだから少々のコガネ幼虫は平気なのですが
多分加湿か9月の日照不足の影響かと・・・
まああんまり根をいじるのもと思い、葉は冬には大部分落葉するから
春の芽生えの様子を見てからのことと思っています。
 
他のノ-ザンやサザンもちろんラビットなんてまだ緑一色
今年の異常気象の影響なのでしょうか。
 
 
そういえば今年は原木シイタケがちっとも生えてこないと思っていたら
近所の方たちからも知り合い皆がそう言ってるとか。
名産の新高梨も高温障害で中身がぐちゃぐちゃのが多くて今年は不作と
聞きました。
当地では色んな作物に影響出ているようです。
 
ただブル-ベリ-には大きな影響が出ない事を願うのみですね~

| | コメント (5)

2016年6月 9日 (木)

レビールとぴんレモン

レビールとぴんレモン
レビールとぴんレモン
レビールとぴんレモン
レビールとぴんレモン
レビールとぴんレモン

    
今日は朝から収穫日和
レビールはこんなクラスターです。
これ裏が見えなくて熟度わかりません。
まあまあ大粒のつまんで突破口からの判断ですね〜

ピンクレモネード本当に明るいピンク!
まだ小苗に地植えだからたわわに実るまで何年かかるか?

今日はスマホからモブログです。

たまに使わないと忘れてしまうからね〜

| | コメント (5)

2016年6月 1日 (水)

スパに完熟果が!

遠い畑の大人スパルタン3本も大分色づいて完熟してきました。

今年は例年より遅い気がします 去年は5月27日でした。

レベルやサザン系が早かったから余計に遅く感じるのかもしれませんね。

 

まずは大好きなスパルタンのアップですよ。

見て見て これ!  ブル-ベリ-のキングの貫禄充分あるでしょう。   

Img_2238

Img_2239

垂れ下がった枝にもブル-果出てきました。

Img_2240

今朝、数粒味見してみたのですが、やっぱりいつもの味。

一年ぶりの美味で この旨さにメロメロで~す。

やっぱりブル-ベリ-、甘いだけじゃつまらない。

甘酸のバランス良い味はこの品種に極まると私は思っています。

ただし完熟させないと悲惨な味になるから、これからが収穫技術ですね。

 

スパルタン三昧は今週末か来週の梅雨寸前のタイミングになりそうです。

今からわくわくで待ち遠しいです~

 

 

次はスパルタンと毎年ほぼ同時期か少し遅れて収穫のレビ-ル。

サザンのリヴェイルと同種に見られていた時期もあったのですが、

これは白花レビ-ルでリヴェイルは赤花です。

相違点も沢山あるのですが、今日はレビ-ルの記事。

開花はスパよりずっと遅かったのですが 懸命に追いついてきました。

 

全体こんな感じですが、去年ばっさり切った割には見事な回復力です。

うちでは畑のおばけと言ってたくらいの大樹でしたが、今はまあまあ普通に。

今良い感じで このくらいが丁度ですよ。   

Img_2244

果実は中粒の大ってとこですね。

スパよりは少し小さいです。

肝心の味は甘味はあるけど、酸味は少なめでインパクトなし。

決して不味いわけでは無いのですが・・はっきりしないタイプでしょうか。

Img_2245

Img_2246

果実は豊産でたっぷり実が着きます。

枝が重くて垂れ下がり、ラビットのバルドウィンのような実なりです。

Img_2247

これも少し味見してみたのですが まあまあいけますよ。

まあマイルドな味でしょうか。

上画像の大きな粒 スパより大きいです 希にこんなのも出てきます。

 

 

 

下画像はついでに撮った写真

何かわかりますか? フェイジアの花 

毎年オリ-ブの足下に咲くのですが今年は80センチ位になりましたね。

でも生らなくて まだ一度もフェイジアは味見していません。

Img_2249

いくつも果樹を育てても、それぞれかなり難しいですね~

| | コメント (6)

2016年4月19日 (火)

レビ-ルとデュ-ク

皆様如何お過ごしですか。

 

当地は16日午前1時頃から震度3程度の揺れで恐怖感じたのですが、

17日や昨夜18日も少し揺れています。

大被害に遭われた熊本や由布院の惨状に比べると僅かなものですが、

昼間でも「後○分で地震が来ます、警戒して下さい」との大音響が。

はじめての事にえっ誰か何か言ってると思ったら、叫び声はスマホ。

まあこの時は数分緊張して机の下に 結局何も無かったのですが・・・

 

次は南海トラフも危ないとの風説流れて、防災グッズが馬鹿うれで、

HCでは売り切れ続出とか。

県民性というか私もその一人だけど、事が起こって大騒ぎの土地柄だから

慌てて水や備蓄食糧さらに買い足したりする人が多いです。

備えても憂いは残り 人力では自然の脅威に叶わないのが悲しいです。

 

今回の地震が収まり、被災者の方が安心できる日が一日も早く来ますように。

今日も主の祈りを捧げました。

 

 

 

さて今日の記録記事は遠い畑のレビ-ルとデュ-ク

 

レビ-ルはうちではノ-ザン 蕾にピンクが出る可愛い花 

咲くのはスパルタンなどより遅めで、当然収穫も遅いです。

当地では終盤が雨期にかかることもあるのですが、裂果は比較的少ない。

果実の味はあんまりメリハリの無い無難な味でしょうか。    

012

013

 

 

デュ-クの花 これも開花はスパルタンの後くらいですね。

果実は果皮がパリッとしていける味で わりと甘味系かな。

008

010

雨に濡れてるけど、さらに可愛いまん丸 受粉は良さそうですよ。

 

これは日曜の画像で 今朝見たらデュ-クは大方の花が終わり幼果に。

レビ-ルはゆっくりでまだ花一杯でした・・・

|

2016年4月 8日 (金)

同じノ-ザンなのに

遠い畑のノ-ザンヌイ、毎年一番の収穫頭

今年も先週にはピンクの花が花盛りだったのですが

今日は全部白花に変身 スパルタンによく似た形

もう花は終盤で幼果も少し見えています。

花枝の多さはこの畑一番で 非常に強健種です。

梅雨前からラビット収穫期まで長く大実は続き、贅沢にも

最後は嫌になってしまうそんな品種です。

 

去年大分剪定したのですが、毎年めげませんね~

012

014

013

花の開口部大きくかつ花柱が飛び出しているから

まだ蜂の飛来も続いています すぐ上画像の蜂が分かりますか?

 

 

ヌイの強健好調に反してこちらは不調に見える白花レビ-ル

うちではノ-ザンに分類しています。 

019

020

021

画像見ておわかりでしょう まだ新葉の展開が少ないのです。

裸樹に花だけ咲いた・・こんな状況

今まで非常に大きくなりすぎの樹そのころ畑のお化けと呼んでました。

思い切って半分以上剪定したら中心から左だけの枝になって(中画像)

まだ復活してないのです。

花の形これも受粉はよさげですね~

果実は中粒の大位が嫌になるほど採れる樹でした・・


|

2014年12月27日 (土)

遠い畑のスパルタン

寒い日続いていますね~

今日半日で仕事も終わり、明日からは畑作業と思っていたのに

当地では雨のようです。

おまけに週間天気予報では年末年始は極寒でついてない~

 

今日は遠い畑のスパルタンとおまけのレビ-ルの近影です。

スパルタンは 紅葉も多く、落葉も大分しています。

Dsc07127

花芽も少ないですが まあ付いています。

Dsc07128

毎年スパルタンは花芽が少ないと心配するのですが

その時期になったら、それなりに豊作とはいかなくても

まあまあの収穫があるのです。

あまり花芽調整はしていませんが

樹自体がセ-ブしているような手の掛からない品種です。   

遠い畑には大苗が後2本、市民農園には6本全部接ぎ木です。

 

下画像は今年廃棄するつもりでいたノ-ザンレビ-ル

Dsc07130

下枝を剪った段階で気が変わって 上方に伸びた枝は手つかず

だから枝先だけの酷い樹形です。

Dsc07131

その枝先には 花芽もごくわずか残っています。

非常に豊産ですが、味にメリハリがなくて 迷ったのですが

やはりこんなに楽ちんで沢山採れるのはやっぱり貴重品種。

それで思い直してリストラ中止!です。

強い酸味も無いからそう不味くもないのです。

下画像のような 花芽の無い枝も沢山ですが

Dsc07132

トップを剪って横枝を伸ばし樹形の立て直しは来年の仕事。

 

ここで今年の反省を

近年、果実の出荷に夢中になり、少しお商売に走っていました。

産直市2軒と日曜市に出荷  盛夏には無理して熱中症に。

そして中途半端に、大衆受けする大玉甘味だけを目指してしまって・・・

冷静に考えれば気恥ずかしいです。

プロになりたいと思ったことも有りました。

でもそれには栽培面積が小規模なのと資金が付いていかない。

そして大切なプロの努力というか、栽培法など常に研究熱心な姿勢

が私には不足しているのです。 

健康にも自信ないし、のほほ~ん栽培なのです~

 

まそんなところで来年は原点に戻って、ほどほどに趣味栽培中心で

販売は余裕有ればで楽しみたいと思っています。

なんかそう決めたら緊張とれて・・お世話もゆっくりぼつぼつとになりました。

 

販売目的以外にも素晴らしい味や個性的な食感、好みの花色など

見て食べて楽しい品種など多いですよね。

大玉美味はもちろん趣味栽培でも一つの目標だけど、

今年は品種それぞれの特徴の味に目を向けたいと思っています。

そのためにフルメンバ-集めているのですからねえ。

 

今日から年末休暇ですから、コメントへのご返事が遅れるので

ご了承下さいね。

休暇はミニハウスづくりと冬眠で過ごします。

(ハウスは職場近くの6坪ハウスを返却して自前の遠い畑のPに新設中)

 

皆様今年は大変お世話になり有り難うございました。

良いお年をお迎え下さいね~

| | コメント (10)

2014年10月 9日 (木)

蓑虫大発生

この台風の後、市民農園点検に行ったら

異常に葉の虫食いが目立つ中苗があった。

レビ-ル接ぎ木

Dsc07025

よく見ると 小さな蓑虫風が ぶら下がっている。

Dsc07026
Dsc07024

この形状どう見ても蓑虫ですよね~

画像でも分かるとおり葉だけでなく 枝にも付いている。

始めはテデト-ルをしていたが、無数に付いてて間に合わない。

結局、葉を全部とってしまった。

こうすると枝に付いてるのも目だって取りやすくなった。

樹は下画像のように丸裸。

Dsc07027

葉をちぎって入れた空鉢の中でも

いつの間にか動いて鉢の周りにくっついてるのもいる。

Dsc07028

 

調べると蓑蛾の幼虫らしいけど いつもはもっと大きくて

葉の下にぶら下がっていてすぐに分かる。

この小さなのが何度も脱皮を繰り返し、蓑も大きくなって

時々目にするような普通の蓑虫になるようです。

 

ちなみに成虫の雄はこれ

上画像は成虫のオスでメスは生涯蓑の中に留まっているとか。

一般にはオオミノガ、チャミノガが多いらしい。

それにしても こんな多くの蓑虫の幼虫はよく調べると

レガシ-にも沢山。

まったくいない樹スパルタンなども有るし、数コいるプルなど。

どう言った基準なのか、単なるミノガの気まぐれか?

 

スミチオンで退治できると聞いたが、此処は市民農園

皆さんが野菜の無農薬栽培されている近くで

農薬使うわけには・・・

遠い畑でも5年間こんな大量の幼虫は見た事がない。

葉を取る意外に方法はないでしょうか?

お宅のブル-ベリ-畑には蓑虫いませんか?

| | コメント (4)

2014年6月16日 (月)

最強の品種達

このところ数日空梅雨が続き、遠い畑の収穫で超多忙になっています。

前に畑のジャングルとご紹介したのですが、樹が伸び放題。

 

まず入り口には右がオニ-ル左がレビ-ルのトンネル

Dsc06700

アップするとこれで 這いながら通り抜ける。

Dsc06705

オニ-ルは早生なうえにまだ生っていて採りきれない。

レビ-ルももう3回大収穫したのにまだいっぱい残っている。

これがオニ-ルの一枝

Dsc06702

そしてレビ-ルの一枝

Dsc06704

何が最強かというと収穫期の長さと収量の多さ 

最後頃には嫌になってしまう。

 

このトンネルをくぐると   

次の最強は収量の多さと大実と酸っぱさ

それはこの品種ノ-ザンヌイ

オニ-ルと同時期なのにまだまだなり続ける。

Dsc06697

先日やっと上を丸坊主にした。

もう何回採ったのか分からないけど 

最後までスパルタン以上の大粒が生り続ける。

そして酸味は強く完熟果の3コに1コは必ず酸っぱい。

最初に地植えした時から元気な苗だとは思っていたが

開帳性で メチャクチャ強健すぎ

まだまだこんな扁平果が生っています。

それが雨にも強く、大きな実採っても3日すれば

また大実がゴロゴロ・・・私の複雑な嬉しさ分かります?   

Dsc06699

今まで栽培した中で大きさ、酸、収量多さと最強の品種です。

 

さてこちらは収量は少ないけれど大きさが最強

ノ-ザンチャンドラ-

Dsc06693Dsc06696

5百円玉と比較すると 500円より大きい!

Dsc06707

この後食べてみたけど、味は酸味少なくほのかに甘い。

スパルタンやコリンズの奥深さはないが 果肉も綺麗であっさり系。

 

この子達の収穫とスパルタンも最盛期になり、大忙し。

トロとデニス、サミットの完熟果が追っかけてきて夢にまで出てくる。

その合間にはもう花芽が出来ているスタ-やサファイアの夏剪定

本心少しやりすぎました・・・

 

忙しい収穫の合間に仕事して、大学病院に定期検診今日も。

昨日は日曜市にも出荷したし・・・癒されすぎてどうなる事か・・・

まあぼつぼつなんて言ってられない・・・完熟は待ってくれないのです~

反省点は冬に相当剪定をする事ですかね。

 

これだけ多忙でもまた大関さんに注文しちゃったよ~ タイタン。





| | コメント (6)

2012年6月 8日 (金)

今年もスパルタン三昧

今日明日はまとまった雨のようで、今朝も大粒の雨が降り続いています。

昨夕、雨による裂果を見越して収穫のため遠い畑に。

 

一通りオニ-ルやスタ-、サファイア等の終い果実を穫って、

ノ-ザン達を見てみると

スパルタン先日遅れて摘果した分 何とか大実も出てきました。

Dsc04196

大小まばらですが、全体に色づき

それなりに 果実も太ってきたようです。

Dsc04200Dsc04202_2

前に記事にした3種接ぎコンテナ植えは 小果のまま熟したのですが

こちらは摘果後 大分果実が大きくなっているのです。

地植えだから、大地の力なのでしょうか。

 

後3本(1本は大苗でまずまず、2本は去年植えで量少ないが大実)

と合わせると畑での豊産収穫は間違いなし!

今年もスパルタン三昧出来そうな予感です。

スパルタンやノ-ザンは雨による果実裂果も少ないから

収穫は後数日待って晴れの日にと・・断念です。

 

他のノ-ザンは これも先日記事にしたレビ-ル

Dsc04204Dsc04205_2

味見したらもう熟しているのも有ります。

これは少しだけ100グラムほど穫って まだたっぷり残っている。

時間に余裕ある時でないと 収穫難しいですね。

 

そしてちょっと癖のある大実 ノ-ザンのヌイです。

もう半数くらい青くなって  一円より大きい。

Dsc04210

こんな果実です。

Dsc04208

Dsc04209

迫力有る大実ですが、味は酸味が強い。

これももう少し置いて更に完熟させますね。

 

画像は出さないけれど、プルが最盛期で 酸味強いけれど

香りがあって味はバランス良くなっていましたよ  これも収穫。

 

サザン早生種はパテント品は勿論美味しいけれど・・・

前からのオニ-ル、ミスティなど安心の甘さで私には外せない品種です。

 

これからはサザンではリヴェイルやサミット、サンプソンなど

ノ-ザンではエチョ-タ、トロ、デニスブル-が青くなってきました。

多くの品種をたった1樹だけ地植えにしているから、

最後のカロラインブル-やラビットまで長く楽しめます。

 

果樹もお花も色々栽培してきましたがブル-ベリ-だけは栽培下手でも

美味しく食べられるまでに育てることができる、嬉しい果実です。

ブル-ベリ-栽培だけは命ある限り続けたいですね~

 

最後にスパルタン三昧の記事を書いてお休みするつもりでした。

でもスパルタンはまだだったから予定狂っちゃいましたよ(笑)

| | コメント (6)

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REピンクレモネ-ド | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHピンクレモネ-ド | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605