NHブル-クロップ

2016年6月23日 (木)

ちょっと見直した品種

 
昨夜からの豪雨がやんで、今日はやっと青空見えています。
 
少し収穫したいと思って市民農園に。
 
毎年香りはあるけど、まあまあの酸味系品種のプルのこと。
今年は驚きました! 甘酸のバランスよく今までにない旨さ!
口に入れると甘めの味がして、他のハイブッシュと一味違う そう香です。
香を強く感じてしかも美味、少しくせのある味ですが、フレッシュさがいいです。
 
果実は中粒でも大実もあります。 
 
Img_2359 
Img_2360
 
樹全体はこんな感じで収穫待つばかり・・以前にも数粒試食したのですが
その時はいつものプル。
この雨に打たれて、暑さに煮えて美味しくなったのか?
 
Img_2356
 
 
 
これも味を見直した品種  ブル-クロップです。
 
Img_2361
 
これは相当糖度が高そう  去年はあまり甘くは無かったのです。
でも甘いのは良く熟れたのを食べての話ですよ。
この品種完熟すると軸のまわり黒のリングが出来てとても分かりやすいです。
 
ぼつぼつに数回食べたのですが、甘い甘い濃厚な味。
黒リングが見えたら早めに取らないと過熟になりそうです。
 
Img_2363
Img_2364
Img_2365
 
   
 
 
両品種とも雨での落果は比較的少なくて、ほっとしています。
 
普段ぱっとしない品種が美味しく、期待のスパルタンは本領発揮出来なかった。
今年はやはり異常な年だったのでしょうか。
 
 
 
話変わりますが 前の記事で紹介したトラップの中身
 
これが前の記事の分
 
Img_2349
 
今朝は増えていましたよ。
腐る前に一度捨てて また新しく仕掛けなおしと思っています。 
 
Img_2367
 
これだけのコガネが地中に卵産んだら 幼虫だらけになりますよね。
去年はトラップなしだったから、畑の土中の幼虫が出てきたかもしれませんね。

| | コメント (10)

2016年6月15日 (水)

ブル-クロップとスイカ

昨日品種Xを記事にしたから、今日はすぐ近くに植えている
ブル-クロップをみてみました。
 
樹の全体像はこれで 1.2m位の樹高ですね。
 
Img_2324
 
果実はバラバラでぎっしりと詰まったものではないですが、
大分熟れてきました。
ブル-ムはとても多く赤色がかったブル-でなんか白っぽい厚化粧。
 
Img_2325
 
Img_2326
 
どアップのお顔がこれです。
 
Img_2327
 
葉はくすんだと表現されるように少し濃いめの湾曲葉、まあこれはプルなどと
共通の特徴らしいし・・・ミスティほどは濃くはないです。
 
ここでは昨日の品種Xとの違いを見てみました。
 
品種Xは果皮のブル-ムここまで無いようでもっとブル-濃い果実に見えます。
それに葉の葉脈がはっきりしたブル-クロップに比べて品種Xは葉脈は薄く
葉はもっと扁平でかつ色も暗くはないと思いましたね。
 
 
果実の大きさはブル-クロップは中粒、品種Xは中の大粒でしたが、
これは樹の樹齢や大苗と小苗またどのくらい成らせたかでも違ったりするから、
何とも言えません。
 
まあこれも考えてみると昨日紹介した品種Xが本物かどうかも分からない。
品種Yかもしれませんからね~
特殊ル-トで入手(笑)した苗ですから、疑問も有るかもしれません。   
 
まあこの件はここまでにして、数年かけて様子見てリポ-トしますからね。
ただし、私が元気でブログやってたらですが・・・フフフ
もしかしたら品種X=ブル-クロップって事も有りですね~
 
 
 
 
これは農園の友人から貰った小玉スイカクリ-ムとか。
空中栽培してみようと地を這わさないで 上につり上げて栽培。
キュウリの応用ですけどね。
まもなくネットに入れてつり下げ予定 さて上手くいくか? 
 
Img_2333
 
花は幾つかあるから2個位のスイカに制限すれば  何とかなりそうな
気もしていますが・・・スイカ初めてなもんで どうなるやら・・・
 
Img_2334

| | コメント (4)

2016年4月11日 (月)

市民農園のノ-ザン

前回は遠い畑のスパルタンの満開をご報告したのですが

市民農園もほとんど咲いていました。この季節幸せですね~

この畑には67本有るのですがその一部アップしますね。

 

ハナンズチョイス   

001

003

007

 

 

トロ  この品種新葉の展開が遅くてお花のみ

      
008

011

 

 

お待たせのチャンドラ- 枝が太くて威風堂々

013

017

お花も大きめで、存在感有ります。

 

 

ノ-ザンの標準種とされるブル-クロップ

025

026

あまり好調では無いのですが、花は一応着いてきました。

 

 

この農園では陽当たりと通風抜群なせいか、冬には花芽の見えなかった

駄目かな~と思っていた品種まで花芽が出来て開花しているのも多いです。

何度も植え替えした品種(去年4,5月に80坪位の新農園借りて2ヵ月で解約)

そのときの地植え小苗分が移植で弱っていたのですが、大丈夫なものですね。

それらも全部花が咲いて葉も展開予想外でした。

まあ今年はその子たちは摘花してお休みさせますけどね。

万物に春の恵み 特に不調の苗元気に再生されたのは嬉しい~

今まさにブル-ベラ-にとっては喜びの季節です~

|

2015年6月 4日 (木)

ノ-ザンは最盛期に

昨日から梅雨いりしたらしいですね。

今日は幸運にも雨のやみ間、風有って爽やかな良い天気です。

 

明日は雨だというのに地植えは最盛期になり トロ にも完熟サインがぼつぼつ。

これは毎年大きなかたまりで大粒 同期のデニスと比べたら

すこし扁平果でしょうか。

009
010

大粒だし、濃厚な味で言うこと無し!

但し完熟前は多少苦みのようなものも感じられます。

 

標準品種ブル-クロップは

毎年非常に豊作で今年は特に多いです・・来年が怖いね~

013
015

味は甘味もあるさっぱり系 可もなく不可もないような味かな?

 

NZ3品種の一つプル

こちらも強健なのか、幼果の落果にもめげず、素晴らしい果実。

016
017
018

 
なんと言っても香りのプル 一口噛んだら爽やかな香り強くて

多品種ある中でこれほどの香りはプルだけですね。

味は酸味系ですが、完熟すればバランスよい美味になるし、

この強健さと綺麗な果実が捨てがたい品種。

一般的な甘い品種ではないから、販売などには不向きかも・・

でも私的にはこれも大好きです・・・

 

記事は市民農園の地植え分ですが、最近遠い畑の地植えも各種熟れてきて

そうそうチャンドラ-も熟れていましたよ。そして鉢植えまで大爆発!

 

もう忙しくて忙しくて・・・

仕事に家事にブル-ベリ-のお世話と摘み取り、接ぎ挿しの鉢取りや

小苗の鉢まし でも他には何にもないから

毎日ブル-ベリ-の樹達それぞれと孤独に会話しています。

「今年もよく頑張ったね~ でもあと少し甘くなってよ」とか・・・

これも至福の一時だけど 独り言言ってる変な人なのです~

 

今は身体がちょっと弱っているけどすぐ元気になれるから

ひたすら頑張って楽しんでいますよ~

|

2014年6月27日 (金)

市民農園の魔法?

市民農園に植えているブル-クロップとフロ-ダブル-

今日はこのお話聞いて下さいね。

 

まずはノ-ザンのブル-クロップ、ノ-ザン種の標準品種とされる

この苗を初めて地植えにしました。

今まで10号鉢植えでは僅かの果実生るだけで実もわりと小さい。

ところが地植えで1日中陽の当たる畑に植えたら   

Dsc06720

果実は大粒になってきたのです。植えたのは去年11月なのよ。

味も甘くてねっとりとした甘味・・えウッソ~

この品種がこんなに甘いなんて予想外でした。

ブル-クロップより20%甘いとか比較の基準になる程度の味のはず。

画像では左側しか果実が見えないですが 右側にも葉に隠れて。

Dsc06721

素晴らしい品種で、本当に驚きました。

たいしたことないと今まで軽視していたのですよ。

 

そしてこれもビックリのサザンフロ-ダブル-

今までも鉢で枝垂れるようになる まさに葡萄の房なりは

経験していました。

ところが此処では味が良く濃いのです!

少々水っぽい薄味のはずが・・・美味しいです。

Dsc06723
Dsc06724_2

大粒に生るし、この見事な房。

多分枝が細く柔らかいのでしょうね~

樹は上が伸びてスタンダ-ド仕立てのよう

Dsc06725

市民農園では今この2品種が盛りで、追っかけてサミット

でしょうか。

サミットも酸味系のはずですが今年は早くから味が濃く甘いです。

今年の季候が良かったのか、市民農園の陽当たりが良かったのか?

 

 

所が下画像はまだ半分はなってる酸っぱいヌイ。

例のNZ品種 遠い畑の方です。

もう何度も大粒採ったから けりつけるつもりで

ついに雨の中大部分を房取りしました。

軸まで青くなっても3コに2コは酸っぱいから

下図の果実選別して良い実のみジャムに加工予定。

Dsc06716

そして昨晩ついに少しのジャム作りました たった3瓶。

600グラムで糖度30% もう友人に配って画像は無いですが、味は最高。

酸味系のノ-ザンはこれに限ります。

でもこのヌイ今朝遠い畑に行ったらまた600グラム以上は有りそうです。

かなり採ったのにこの復元力小粒果が中の大に変身・・誉めてあげたい位。

でもこの品種は、遠い畑ではとても酸っぱいのです。超大粒だけに残念無念・・・

土が悪いのか、陽当たりイマイチのせいか?

 

こんなに味が違うと自前の遠い畑が味悪く、借地市民農園の方が

ブル-ベリ-に向いてるなんて・・・反対なら良いのにと 悲しい。

 

市民農園に試みに植えたダロウの接ぎ木、これも夫と味見したら

甘酸のバランス良く旨い味(味見はたった2粒だから今後観察)

あんなに酸っぱくて食べられなかったダロウなのに・・・

 

ここではもしかしたらヌイも美味しいかもと

頂き物接ぎ木小苗ヌイを市民農園に植えてみました・・・

さて魔法はかかるでしょうか?

| | コメント (8)

2013年5月18日 (土)

ノ-ザン標準品種

普段ご無沙汰であまり記事にしないブル-クロップです。

今まで10号のスリットに植えていたのですが、冬に15号位に植え直し。

今年はよく実が着いています。

Dsc05432

Dsc05433

わりと大きめのどっしりした果実

未受粉のムダ果も少ないようです。

場所は遠い畑のハウスで蜂の飛ぶ頃は屋根無しだった。

蜂のせいか、自家受粉性強いのか、今年は豊作の気配。

 

でもね

果実が重くて こんなに垂れ下がり

Dsc05434

樹形はいたって悪いです。

あんまり味も覚えてない品種だけど今年は確認出来そうですね。

2008年にうちに来てそれ以来ぱっとしない品種

今年成ったら 来年はまただんまりかな・・・

 

この後支柱で少し矯正しましたが、画像は矯正前です。

これノ-ザン種の標準品種とか1952年発表で豊産、大粒、玉揃い良とか。

味どうなのかな?

 

 

話し変わるけど 同じ畑の入り口アプロ-チのオリ-ブ

満開になりました  品種は分からなくなったけどね。

Dsc05436

見上げるような大木になって、後2種あるのだけどそちらは咲かない。

一昨年に小苗のマンザニロ枯れてから、実が着かなくなった。

きれいな無駄花です。

まあこの時期のお花としてたまには記事にしてあげたいです。




| | コメント (4)

2011年6月25日 (土)

果実色々

ここ2.3日雨も上がって蒸し暑い日が続いている。

やっぱり晴天だと 果実の味が良くなるね~

もう残り少ないスパルタンはきつい酸味も抜けて美味になった。

  

それと画像ピンボケで出せなかったけど、HHのポラリスが良いね!

何とも言えない濃厚な味になる。 チッペワより美味しいかも。

スパルタンの風味と言われるのも頷ける味。

欠点はうちのが鉢植えで樹が若いのか、全体に小粒で大粒は少ない。

  

他に 大きな葉っぱのトロが美味しい。

Dsc02339

 

これは鉢植えのブル-クロップ

昨日誰かのブログに味はイマイチって書いたけれどいけるよ。

この数日で完熟してきた様子。

Dsc02349

 

ヌイとレカの兄弟品種プルは

去年剪定悪く 実なりイマイチで 葉にはハマキムシ発生している。

Dsc02341

大体は完熟で 大きさではヌイにかなわないし、豊産ではレカに負ける。

けれど果実のパリッとした食感に口に含むと香りのようなもの感じる。

これも美味しい。

 

スパルタンとして購入し、花型はスパルタンだが花色、葉の形、

幼果がちがう品種不明(朝○園とは別)が

色づいてきた。

Dsc02346 Dsc02347

スパルタンはもう終盤だし、風味が全く違う。

これもレカのような完熟になって甘味が出るタイプ。

結局、品種同定は出来なかったが、完熟果は以外に美味しい。

隣に鉢植えしている朝○園スパよりずっとこくあって美味しい。

 

そして終盤のレビ-ルは まだこんなに残っている。

これは一枝、まだ沢山 この品種に限っては大豊作なのよ。

Dsc02343

この下には こんなに落果も

Dsc02344

収穫品種も変わってきて これからはサミットやマグノリア、

シャ-プブル-、カロラインになってくるね。

ブル-ベリ-の品種の味については私の舌が繊細に無い事と

それぞれに美味しさが違うので上手く表現できない。

だから美味しいとイマイチの二通りですよ。

 

   

しばらく見なかったらイングリシュロ-ズのグラハムト-マスが

咲いたり終わったり。 

Dsc02337

今日は猛暑 季節は移り変わっている・・・

 

ブル-ベリ-も変わってくるから、終わったものから剪定し

ラビットの施肥もしないとね。

その前に足直ってからと放任の雑草抜き 早く何とかしないとね。

ああ気持ちばかり焦って・・・まだ痛くて体力付いていけない~

| | コメント (12)

2010年9月17日 (金)

やっぱり4階建て

昨日は大きな鉢記事にしたけど、今日のはやたら伸張した品種の記事ですよ。

これは畑のハウスに4月に引っ越ししたブル-クロップ接ぎ木です。

Dsc00347

しばらく忙しくしていたら 何と長い事!  まさに4階建て!

分岐を上から見てみると

Dsc00351 Dsc00348 Dsc00350

こんな感じです。

下を切ったときから2、3本の枝分かれを期待しているのに

最初2枝に分かれただけで、後は切っても1本のみが伸び続けるのです。

そして・・・  結果こんな樹形  あんまりの2M。

 

なんでもっと下でこんもりしないの?

冬には強剪定で樹形の立て直し・・・毎年こんな事しています。

 

4階建てと言えば

前に記事にした自作接ぎ木のデュ-クはどうなったか。

強剪定の結果が これです。

ネットハウスでの現在像です。

Dsc00358

今年6月に右の小枝の更に下から大きなシュ-ト出て、やったと思っていたら

それは台木からで 切りとったらやっぱり変な樹形ですね。

  

接ぎ口はここ  言わずと知れた高接ぎです。 

Dsc00359

  

此処をばっさり切ったのですが、もう少し下でも良かったですね。 

Dsc00360 

 

ちなみにこの接ぎ木、去年8月に4階建ての時は

これでした。

まあ  今はこれよりはマシと思わなくてはね~。

002

| | コメント (10)

2010年1月14日 (木)

生長すごく違います

今日は寒いけど、依然雪は降らずです。

冬型気圧配置は緩んでくるとのことで、畑に行ってきました。

  

石灰硫黄合剤を散布して、先日初めての雨が降った後を見たかったのです。

葉の上の硫黄合剤のしみ落ちていませんね。匂いもまだそのまんまですよ。

剪定で切らない枝の葉は手摘みで落とさないとこのままでは見苦しいですね。

  

ず~っと見回すと

去年、バルコニ-で過ごし、暮れに畑に来た苗達にも、生長の差が有るのよね~。

これはブル-クロップ接ぎ木です。

少しも芽が動かなかったし、いまだにこれですよ。

006

寂しいですよね~。何がいけなかったのかな?

畑に来るのも遅かったのか。

 

でも隣のロ-ズマリ-とシャシャンボの横には

008

枝がゴチャゴチャ 花芽一杯のチッペワです。

 

この花芽はなかなかのものでしょう。

011 010

5月に咲かせた花にはアブラムシ一杯着いて・・・実なりなしでしたが。

  

同じインパルスでも品種によって、樹によって、こんなに違うのですよ。

この2本は根洗した後の用土も全く同じなのですけどね。

  

   

最後の1枚は全く関係のない、台木ホ-ムベルの花芽。

茶色の花は終わったのですよ。

今頃、台木ばかり元気になられてもねえ~。

017

畑の中も葉が散る分は散ってしまったし、落葉しないのはそのままでも、

樹形、はっきりして、そろそろ剪定時期のようです。

 

月末までに暖かい日あれば、はっぱも冬眠から覚めて、剪定にかかりますね。

剪定=穂木とり ですから、ポリブクロ用意したりそれなりの準備が必要よね~。

小春日和で体調も良い日に一気に済ませたいと思うだけで、今日はまた・・・

何にもしなかったので~す。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

バルコニ-の幼果と花

毎日の習慣で今朝も5時起きをしてしまった。

季節が良くなってくると朝が待ちきれなくて、夜が明けてない内からバルコニ-をウロウロしてしまいます。なんでこんなに早く起きる習慣ついたのか、笑ってしまいますね。

 

さて今日は品種毎の開花の様子など記録して置きたくて、また花の記事です。

 

これはサザン系のピンクシャンデリア

002

007

去年からずっと咲いていた花が、幼果になってきました。

早朝のフラッシュ撮影のため、シルエットだけみたいな画像になってしまいましたが、花は落ちて、受粉した分のみが幼果として成長してきました。

  

ただこの幼果、至って不安定で何時ぽろっと落ちるかも分からない状態です。

ピンクシャンデリアの幼果風は初めてで、自分的には栽培経験のない未知のブル-ベリ-なのです。花も小さかったから自家受粉したようで、結実までは難しそうな予感。

  

 

こちらは接ぎ木チャンドラ-、先日記事にしたチビ苗とは別の樹です。

012

蕾の口がおちょぼで面白い形、蕾のピンクも緑っぽい感じでリヴェイルとは違うピンク。

枝はまだ真っ赤ですが花は白くて長めです。

  

     

これは不調だった自根のエチョ-タ

014

まだ蕾ですが、この子のウチに来てからの不調の連続を考えると、頬ずりしたくなるほど愛らしいのです。

よく此処まで回復してくれたね。

    

一度は諦めて廃棄処分を考えた苗でしたが

moritaさんのミルフィ-ユ栽培法で見事に立ち直りました。この栽培法については1月16日と20日の記事を参考に見て下さいね。

この全体像はもう少し葉が芽吹いたら記事にしますね。

   

 

下は接ぎ木ブル-クロップの花、ノ-ザン系の標準品種。

私はまだ食べたことがない。

017

NHKの趣味の園芸による品種解説では特に丈夫で育てやすく初心者向きで、果実は大きく言うこと無しの美味とある。

品種解説や味についてはオ-バ-な表現も多く自分で確認してみるまで分からない部分もあるけど、それが又楽しみなところですね。

 

  

バルコニ-は中苗、小苗置き場なのですが、開花している苗も多く、その割に結実は少ないので無理が行かなくて丁度のお花見が楽しめるのです。

これは花は咲くけど実は生らないバルコニ-での楽しみ方なのですけど。

今頃は毎日が階下に見えるソメイヨシノと我が家のブル-ベリ-花との競演ですよ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REピンクレモネ-ド | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605