REオレゴンブル-

2014年4月21日 (月)

市民農園のラビット一部

土日は地植え畑2箇所の草抜き。

作業中にも雨降ったりで散々でした。

でも何とか終了して、一応畑は綺麗になりました。

但し2週間保つかな? 一雨でまた雑草農園。

マメ風のや赤い小さなクロ-バ-みたいなの多いですね。

マメ風は常時タネが散って子供をつくり、クロ-バ-は旺盛に根を伸ばす。

どちらも嫌な奴等です・・・

他にドクダミやアザミも有りますね そしてブル-ベリ-の実生風もぼつぼつ。

鉢は楽だけど、畑はしんどい 月1は雑草抜きとの終わり無き戦いです。

 

 

さて今日は市民農園のラビットの一部

これはアイラ

Dsc06345_2

もう花は終わってきました。

全体は

Dsc06348_3

こんなでまだ小さめ 今年の収穫前途は暗い。

 

こちらは奇形花で有名な  オレゴンブル-

Dsc06343_2

花は相変わらずですが 良く観賞しないうちに終わりで

果実着いてきましたよ。

Dsc06342_3

なにか頼りないですよね~ この幼果も

今にも落ちそうな気配です。

毎年悪条件でも美味しい実生らしてくれたのに今年は?

まだ時間もあるからゆっくり見守っていきます。

樹は植え替えにもめげず

Dsc06341_2

至って生長が良いのです。

 

あと1樹は  サウスランド

数年前ホ-ムセンタ-で80円での購入品

今はこれです。

Dsc06337_2

どんどん直立性に伸びています。

花は意外と可愛いいじゃん

Dsc06338_2

Dsc06339_2

幼果 はまだまだの様子 晩生だったかしら~

後全体の半分近くラビットです。

まあ順番に書いていきますね。

| | コメント (4)

2013年6月27日 (木)

オレゴンとオノ

今年借りた新畑の地植え、雨後の草取りに行ったら

ラビットのオレゴンブル-がもう色づいてきていました。

樹全体はこのくらいで1mちょっとでしょうか。

オレゴンブル-といえばあの有名な(?)奇形花の品種です。

Dsc05596

 

去年も成らせたから 迷い無く花芽はほとんど摘み取り無し

比較的球形に近いこんな果実です。

Dsc05597_2

 

果柄が長く収穫しやすいタイプ

Dsc05598_2

 

これなんかブル-が充分廻って一見はいけそう!

Dsc05599_2

もういいかと味見したけど まだ酸っぱかったね。

ラビットアイの場合、きっちりと甘さをのせるには付け根まで色づいて

4~7日はかかると言われている。

品種にもよるようだけど 早取りは酸強いだけでなく風味が落ちる。

いつも青くなってすぐ収穫する癖には注意しなくちゃいけないですね。

 

 

かたやラビットのオノは まだもっと小さい。

Dsc05600_2

 

去年味見したらこれはいけると 思った味

お顔はこんな風でまんまる果実です。

Dsc05602

 

この両品種とも奈良や東京のブロ友からの頂き物。

ずっと鉢植えだったから、地植えになって樹も驚いているかな。

今年からの生長が楽しみです~

 

 

 

| | コメント (8)

2013年4月12日 (金)

オレゴンブル-と蜂

最近低温の日が続き、3月に逆行した気象とか

昨日は当地でも 一瞬氷雨のようなもの降りました。

 

今日は少し暖かめでしょうか、高知の最高温度は17度の予報。

午後から職場の近くの新しい畑覗いてみました。

 

おや! 大変な風なのに蜂がしがみついているのよ。

Dsc05193

ここにも

Dsc05194

また別の場所にも

Dsc05196_3

これそれぞれ別の蜂なのです。

花は穴の開いたようなのや 千切れたような奇形花。

Dsc05195

ラビットアイのオレゴンブル-です。

蜂のせいではなく始めからこんな花で 観賞価値は全くなし!

でも花柱が飛び出したこの花には 特に蜂が集まるのです。

 

今日もこの品種にだけ3.4匹の蜂がぶんぶんと・・・

なんか受粉しそうにもない壊れたような花ですが

しっかり幼果出来て、この花から想像出来ない美味しい実がなる。

ええ~これがオレゴンって思う 嬉しい品種なのですよ。

 

今年は新畑に地植えしたら、この花が蜂集めしてくれて

蜂は他の品種にも移動して受粉の手助けしてくれるのです。

ブル-ベリ-のキンリョウヘンと言うか、

美的でない花にも活躍の場はあるのです~

| | コメント (4)

2011年12月22日 (木)

紅葉比べ

郊外の畑 小さいネットハウスで

ラビット2種が紅葉していました。

11月12月と水遣り少なかったからでしょうか。

これはオレゴンブル-

Dsc02991

綺麗な赤です。

一枚の葉を見ると

Dsc02992_3

 

 


こちらはオノ 

Dsc02994

ブル-ムかかった紅葉です。

シュ-トの色は すこし赤みが強いです。

Dsc02996_2

でも総体的にシルバ-かかったシックな赤ですね。

一枚の葉は これ

Dsc02997_2

郊外の畑ではこんな紅葉が見られました・・・

町中の6坪ネットハウスではラビットも常緑のまま、越冬するのですが。

不思議な事です。

栽培地の温度差など条件の違いで変わるものですね。

| | コメント (8)

2011年8月25日 (木)

明るさ大分違います

今日は朝から雨です。

ブル-ベリ-も人間も一息なのですが、

最近晴れ間少なく雨が多い気もして季節の変わり目の特徴でしょうね。

 

昨日寒冷紗外した話ししましたね。

畑のビニールハウス と言ってもビニ-ルは奥の資材の上だけで

ビニ-ル除けてネットにしてしまった小さなハウスです。

 

この中の明るさは

寒冷紗ある時

Dsc02613

昨日記事にしたボニタブル-と同時期の挿し木

奇形花で有名な(笑)  オレゴンブル-です。

10号スリットで一部樹皮混ぜ用土 今年は美味しい果実も初味見・・・

 

寒冷紗除けたら

Dsc02618_3

かなり明るくなりました。

昨日の朝の画像 同じオレゴンブル-です。

明るさ随分違うでしょう~

ついでに隣のラビットオノも 見て下さいね。

Dsc02619

下向き枝1本の剪定は後回しで・・ 明るくなったでしょう。

 

少し早すぎたかも知れませんが、これから秋いっぱい太陽当てて

乾燥気味に育てて、花芽も付け根も伸ばしたいのです。

 

昨日急に寒冷紗除けようと思いたったのは

ネットハウスもビニハウスも鉢の中過湿気味で

苗抜いてみると、用土の底まで根が廻ってない現実に気づいたのです。

 

今年は地植えのブル-ベリ-畑は寒冷紗していません。

それでも葉焼けは少なくて、ほったらかしの巧妙でしょうか。

新しいシュ-トは勢いが有ります。

 

結論として 寒冷紗必要だったかどうか?

思い切り乾燥して、たっぷり水遣り(雨水ですが)で余計な事しなくても

良かったのでは?

今頃になって思いますね。 こんな事しているのは私くらいかしら・・・

 

何年やっても失敗の繰り返し、疑問ばかりです。

まあでも葉焼けと水切れの一部は防げたようですが~

  

  

 

ついでに地植えのポポ-の画像見て下さい。

大分黄色になってきました。

Dsc02616

去年は10月17日に愛媛県の肱川道の駅で果実購入だから

一応の目安は9月末から10月頃の収穫なのでしょう。

今年の初生り とても待ち遠しいです~

| | コメント (6)

2011年8月24日 (水)

ひらひら葉っぱはどうして

2.3日涼しかったのに今日は又暑さがかえって32度の予報。

昨日は処暑で暑さも治まる頃なのにね~。

でも日射しは明らかに秋の気配感じられますね。

 

朝遠い畑と近くのネットハウス、寒冷紗を取り外しました。

陽当たり弱いとラビットの花芽が着かなくなると思ったのです。

ハイブシュ系は寒冷紗する前に大部分花芽は着いていますからね。

 

上からパッカ-で留めてるだけだから、2箇所ともスルスル~と

外れて急に明るくなりました。

ちょっと急かなと思ったけど、もう熱波は過ぎたとの解釈です。

 

さてネットハウスでは奥の方にいたラビットのボニタブル-です。

少し葉が変です。

全体がこんなで

Dsc02608

葉をアップすると

Dsc02612

パ-マネント掛かっているようです。

他の苗と比べたらこの葉は明らかに 色も形も違いますよね。

        

上を見ると  てっぺんまでひらひらですよ。

Dsc02610

取りあえず 微量要素入りの肥料を施肥しました。

       

今まではまったく普通の葉で こんな事は無かったのです。

肥料も水遣りも他の苗と同じ・・・

でも前の画像は これ 去年の11月です。

どうして~?

Dsc00711

| | コメント (4)

2011年6月28日 (火)

ラビットの一番果と大事件

遠い畑に20鉢ばかり持っていった10号の中に

果実が色づいているのがある。

あれは確かラビットの列のはず。

Dsc02372

この茶色の鉢で 品種はオレゴンブル-なのよ。

ちょっと曲がった樹形だけれど 初収穫としての果実はまあまあか。

Dsc02373 Dsc02374

あの奇形花から 扁平型の大粒の果実。

下画像の上のは根元までブル-になっている。

さっそく味見したら、以外に甘くて美味しい大粒で食べ応えも有るよ。 

ハイブシュ食べ慣れた舌には少し種が触るけど 嬉しい発見ですね。

  

 

ラビット列では他にも大事件が有って

これは果実がたっぷり着いてるノビリスの大木。

Dsc02377

ドライバ-差し込んでるところに穴が空いて、

下のオレンジ色の木くずらしきが 沢山出ていた。

樹喰いムシの類が入ったようです。

取りあえず木酢液を浸ませた紙を穴に詰め込み応急処理、

その内スミチオン薄めて浸ませた紙でも中に入れるとか?

何とか中の害虫殺さないと・・・

 

3年前にジョ-ジアジェムもこんなになって、スミチオン原液を垂らしこんだら

樹は葉を落とし回復に1年かかった。

ノビリスは今年の収穫アテにしているのだから、葉を振って貰っては困る。

それにスミチオンも農薬だし 樹と果実助けるにはどうしたらいいのか~ 

ラビットでノビリス収穫なかったら・・・これは大痛手なのです!

| | コメント (6)

2011年5月19日 (木)

奇形花の果実は

奇形花で有名なオレゴンブル-です。

苗が大きくなったから、10号に鉢ましで完成はこれです。

Dsc02032

 

花の画像は撮り逃したのですが、

タカヘと似た花で 中身丸見えの花冠が裂けたような花。

 

さて果実は

Dsc02033 Dsc02034

風強くピンボケ画像ですが いたって普通ですよ。

味も甘くて以外に美味しいそうで 初収穫予定です。

 

倉庫で植え替えて週末に遠い畑に移動します。

ちなみに用土は 樹皮に少しピ-トで化粧したもの

Dsc02036

去年これで植えたホ-ムベルやレカ、ビロキシ-など

結果良かったのです。

特にビロキシ-は処分のつもりが、

見事な果実に考え直し 処分延期になるくらいの成績です。

でもみんな強健品種ばかりだから、

比較対象にはならないかも知れませんね。

| | コメント (6)

2011年2月15日 (火)

花芽に変化はなしです

昨日までの雨で、少しは花芽に変化がとネットハウスに行ってみました。

今日も風は冷たく、花芽のはっきりした変化やほころび等期待したのは

甘かったですね~。

 

でもせっかくだから  ボニタブル-です。

Dsc01130

2009年2月の挿し木  やっと8号まで 大きくなりました。

果実もラビットでは大きいほうらしいですよ。

 

花芽らしきも一応は着いていますが、

今の時期は樹も花芽も寂しいですね。 

Dsc01131  

  

これはオレゴンブル- 

奇形花とか聞いてるけどまだ一度も見た事がないのよ。

どんなのか今年は 多分見られるかも・・・

上が箒状に広がってるけど まあまあの樹形でしょう。

Dsc01134

  

これも8号で 花芽はこちらの方がしっかりしていますね。 

Dsc01135

 

花芽 雨上がりにも何の変化もなくて・・・

ブル-ベリ-はネタなしの毎日なのよ。

例年2月末にはかなり動くのだけど、今年の芽は動きが遅いです。

  

 

あんまり寂しいから鉢花を

白のクリスマスロ-ズ やっと咲いた去年の小苗。

Dsc01153

 

こちらは寄せ植え、シクラメンとワイルドベリ-とキツネノメマゴ。

寒さでお花はシクラメンのみだけど 後2種は春まちですよ。

Dsc01154

 

最近は 春は名のみで風の寒さ身にしみますね~。

  

少し花芽が綻ぶまでブログもお休みを下さいね。

| | コメント (10)

2010年6月21日 (月)

この樹形も悪いですね

ラビットのオレゴンブル-、奇形花で有名なあの品種ですが、私はお花の実物見た事がありません。

家に来たときは別品種で、途中で改名の頂き物。

今はこんなになっていましたよ。

008

鉢は9号スリット。

支柱の留め具合が悪く、左に湾曲、そこからシュ-トが出て

おかしな樹形に。

畑の開墾で忙しくしていた間に、不注意でした・・・ 

  

シュ-トはこんな具合です。

010 011

  

根元からのはこんなに高くなってきて、

        まもなく切り戻し剪定が必要ですね。

012

この夏剪定でこの樹形矯正しますから、記録としての記事です。

秋にはどんなになるか乞うご期待!

贈り主の樹形作りの名人様 それまでお許しを・・・・

でも夏まで待たなくても、もう切っても良いかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REピンクレモネ-ド | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605