ブル-ベリ-全般

2017年1月11日 (水)

施肥とマルチ

 
また古い記事になるけど9日の成人の日、やっと施肥とマルチしました。
 
まずは自前の小さな畑
最初の仕事は 元旦に落ち葉拾いしたばかりなのにまたまた袋一杯です。
 
Img_2637
 
寒肥というか高知では芽だしの有機肥料を与えて、その後マルチング。
 
防草シ-トめちゃくちゃな張り方だからココチップ多いのと少ないの。
極端です。
 
Img_2636
Img_2635
 
 
まだ咲いてるOP1も地植え
 
Img_2633_2
 
 
落葉の遅いオクラッカニ-
 
Img_2631
 
何とかこちらを終えて
 
 
 
市民農園も・・・でもね チップが足りなくなって奥の4列はそのままです。
今回は初めてココチップにしたのだけど追加注文しなくちゃね~
 
Img_2639
 
毎年マルチは針葉樹の小枝チップ(購入品)を使っていたけど
今年から気分変えてみました。
 
樹皮でされてる方が多いから、数年前は私も知り合いのつてで遠くまで
軽四いっぱい樹皮を貰いに行ったこともあるのですが、樹の皮が長くて、
ハサミで細かく切らないと使えない。
その面倒が煩わしくて・・・近年は小袋の購入になってしまったのです。  
そして今年はココチップ試してみたいと安価なもの探して挑戦です。
 
マルチの購入も安価とはいえ費用かかるので、ブル-ベリ-の枝をマルチするって
話も聞いているのですが、うちのはすす病で黒くなった枝多いからどうかな?
 
費用を抑えての栽培はこれからの課題ですね~
 
 
 
 
 
 

|

2017年1月 7日 (土)

あけおめ! 合剤散布

明けましておめでとうございます。
と言ってももう7日、今朝は慣習通りに七草がゆ食べました。
 
新年からは毎日定番の行事があって、6日から仕事だったけど
やたら忙しく・・・今日は少しだけ落ち着きました。
 
 
これはお正月の定番になってしまった石灰硫黄合剤の散布作業。
畑は大分葉も落ちて下画像のようになっています。
 
Img_2618
Img_2619
 
 
ネットの隅には落ち葉が何重にもなって まずは落ち葉拾いから。
暮れの風邪をずっと引きずっていて落ち葉収集できたのは31日の大晦日。
 
Img_2620  
 
 
そして1日元旦には やっと合剤の散布
2か所の畑全部です。
マシンオイル乳剤のほうが汚れなくて良いとも思っていたのですが、
さび病も少し発生して(下画像)
他にもカイガラムシがまだ枝にくっついています。
去年は市民農園のほうはマシンオイルだけだったのですが、結果はイマイチ。
病気にも害虫にもとなったら硫黄合剤しかないよね~
 
Img_2624
 
Img_2627
 
ぽたぽた落ちるほど掛けるから上画像のように幹まで真っ黄色です。
 
 
その日の散布で合剤残りは少しになりました。
去年も一昨年もコメリで買ったこの10L使用だから3年目の原液ですよ。
来年はまた購入ですね。
 
Img_2621
 
そんなスタ-トの今年、またブル-ベリ-一筋の一年の始まりです。
 
コメントやお年賀を頂いていた方ご返事遅くなっています。
お正月は主婦業が忙しく、仕事始めは会社が忙しくて…ごめんなさい。
今日も会社で この記事は仕事の合間にやっとアップしました。
内容が古いから焦っちゃって ああ恥ずかしい~ 
今年もこんな調子ですが よろしくご指導お願いしますね。
 

| | コメント (7)

2016年9月28日 (水)

秋の新葉

毎日毎日雨が降りますね。
昨夜はすごい雷で大雨でした。
今朝はすこし雨は上がったのですが畑に入る小道が濡れていて
気になっていた出勤まえの見回りも休み
久しぶりのモ-ニングです。
 
自宅近くのパン屋さんの経営する清潔なカフェ。
モ-ニングは画像の通りでボリュームたっぷりです。
 
Img_2507
 
 
 
 
 
先日からぼつぼつ始めた小苗の鉢上げ。
ついてるかどうかも分からない苗だけど僅かの根をひろげて
4号鉢に  白っぽい若葉が少し芽吹いてきました。
 
後3週くらい見て動きのないのはおかたずけですね。
 
Img_2509
 
 
こちらは少し肥料を与えた5号クラス。
後から伸びた葉は色薄くて大きいです。
 
Img_2523
 
 
以下3枚は6号クラス  自作の接ぎ木スパルタン、オニ-ル、チャンドラ-
そしてデニスたちです。
いかんせん樹形が悪~い。少しは蘭の支柱で伸ばしているのですが・・
 
Img_2525
 
Img_2528
 
Img_2529
 
まあ今はいいかな どうせ冬に剪定するから
葉を伸ばすと根が伸びると信じていますから~
 
この接ぎ木は成長遅い分です、チャンドラ-などの大きく伸びたのは
遠い畑の中苗ハウスに7.8号程度にして引っ越しさせました。
 
画像の成長遅く気になる苗は手元で毎日管理ですが、
小さな苗は鉢上げしたばかりだから、まだ肥料も与えていません。
 
後3週くらいで動きのない苗は廃棄し、元気な苗のみ施肥していきます。
 
 
 
 

| | コメント (6)

2016年9月26日 (月)

台風の後始末

 
長い事ブログを休んでしまったけど、お変わりはございませんか。
私は台風の後始末今頃やっております。
少し体調が悪くて・・・といってもひどい事ではないのです。
 
畑で虫にさされたことが原因で脚に痒みが出てそれをかき崩して湿疹になり
皮膚科に通うけど治らない。
あんまり痒みがとれないから、ついにステロイド塗り薬も最強のダイアコ-トに
なって、塗ると痒みはとれるけど副作用で眠れない。
でも薬塗らなきゃ痒みで眠れない  どっちにしても睡眠不足で体調わるしでした。
あんまり治らないから他の病気かもと疑って内科で血液検査したり、下肢静脈瘤の
専門医院で検査してもらったりの毎日でした。
 
 
台風16号の後も見回りもしないで、黄昏ていましたよ。
なまけ癖もついて そのうちそのうちなんて思ったりして・・
とりあえず夫に様子だけ見てもらっていたら、遠い畑は鉢が数個倒れた程度で
大した被害はないとのこと。
市民農園は根がむき出しになってる大木が数本で一応立てといたからとか。
 
やっと痒みも止まったので夜のステロイドをやめて何とか眠れるようになりました。
 
それで24日午後、市民農園へ
 
 
 
夫が一応倒れていたのまっすぐしたからと言っていたけど・・・
現実は
 
市民農園では大きいほうのハナンズチョイス
こんなに歪んでいましたよ。
 
Img_2515 Img_2514
 
 
 
これはブル-クロップ こちらは何とか立ってる。
支柱ごと起こしてもらったようです。
 
でもこの穴許せないですね~
 
Img_2517
Img_2518
 
 
 
これは根っこむき出しのチャンドラ-
風の力で掘りあげ苗ですよ。
 
Img_2520
Img_2521
 
この他にも4本くらい、樹高の高いのばっかり!
風のつよさ のせいでしょうね。
 
この日はさらに大きく穴を掘り直し ピートモスやチップ混入の畑土
をたして植えなおし、新しい支柱に付け替え そしてマルチ材をのせて
かなり重労働でした~
 
時々僅かな雨も降るから、作業着はどろどろ、ピ-トで顔や腕がまたかゆい。
 
 
でもでもやっと植え付けた! 安心感は爽やかな気持ちにしてくれますね。
 
翌日曜日は朝からの雨、ちょうど良かったな~とさらに安心。
 
来週からは小苗の鉢替えの続きと  遠い畑の中苗や10号を36L鉢にと。
作業は沢山あります。
まあ無理しない程度にゆるゆると遊びながらやりますね。
 
今度のことで私は趣味だから適当に楽しみながら やろうって
いまさらながら痛感しましたよ。
 

| | コメント (10)

2016年8月29日 (月)

コニシキソウ

こんな雑草が畑にありませんか?
 
昨日は遊びに行ったのですが、出発までの2時間市民農園に草引きに。
今まで夢中で摘み取りばかりしていて・・・はたと見回すとブル-ベリ-の
下雑草だらけ! それも67本全部の下に。
 
Img_2496_2
 
上画像の奥の真ん中見たことのない雑草が。
 
 
小さい時はこれですが  
 
Img_2491_2
 
大きくほふくして広がるのです。
 
根はわりと小さめですが、素晴らしい繁殖力。
 
Img_2495   
Img_2492_3   
Img_2493_4
 
グランドカバ-にいいかも!と思ったのですが甘かった。
 
これはカタバミのような性質で節から根が張っていくようです。
 
トウダイグサ科のコニシキソウという外来種で北アメリカから帰化植物とか。
茎を折ると白い汁が出てきます。
コニシキというからにはオオニシキもあるそうで、そちらは葉が大きく立性に近く、
見分けは葉の中心に赤紫の斑紋があるのがコニシキソウだとか。
 
さらに調べると、毒草の一種でグランドカバ-などもってのほかですって。
 
農園の仲間の畑にはないのですが、この草、酸性土壌が好みとか、
退治するには石灰入れてアルカリ土壌にすれば少なくなるらしいです。
ブル-ベリ-畑ではできないことですよね~
 
それにしても驚愕の繁殖力、去年は全然無かったのですよ。
触れると皮膚炎をおこすこともあるとか、知らないで素手で引いたりした
私は・・・どうなるか? いまのところ大丈夫ですが。
 
今後は注意しなくちゃですね。
 
もうひとつ追加ですが、草を取り除くと沢山の小虫が蜘蛛の巣をつついたように
走りまわるのです。
ネットによるとアリと共生関係にあるらしく、この草の根近くの甘い蜜にアリが
集まっているようです。巣を作っている場合もあるらしいです。
見たところ素早く逃げ惑う虫は白っぽくてアリのようには見えなかったけどね。
 
まあ変なコニシキソウですが、一応抜いたのですが、小さな花の実がはじけて
また小さな草が生えてきそうです。
 
 
 
この2.3日少しだけ雨が降りました。台風の関係だったのでしょうね。
気象状態が変わったのか、台風銀座の高知県も昔話になりました。
でも昨夜はまとまった雨が明け方まで降ったらしく、今朝はブル-ベリ-も
待望の雨でいきいきしていましたね。
 
今は関東や北海道等が多雨のようですね。
台風接近の方はどうかお気を付けてくださいね~
 
 
 

| | コメント (4)

2016年8月 8日 (月)

今日は何の日?

 

皆さん今日は8月8日 何の日かご存知ですか?

はっぱの日? これはウソ~

ブル-ベリ-の日ですって、BBという字が88に見えるとかで

記念日協会が正式に認定している記念日の一つとか

京都のサプリメント販売会社が申請して制定されたそうです。

 

私にも何か良いことあるかなと思っていたら、知人より新米コシヒカリの頂き物。

「人のちから 土のちから 高知の風土米」て書いてあるのです。

毎年楽しみにしている美味しいお米、こだわりの方が作っているから特別です。

彼曰く 「まあ~食べてみてや~」

Img_2468_2

 

そして今朝行った市民農園の近所では稲刈りを目撃しました。

これは知らない方の田んぼで 上の頂き物とは関係ないのですが。

Img_2469

刈り取ったモミを軽トラックの袋に移すのです。

Img_2473

前からの画像がこれ! モミが入ってる様子分かりやすいでしょう。

Img_2472_2


田んぼは収穫後はこんなになるのです。

私こんな過程初めて見たからとても興味深く面白かったです。

Img_2470

この田んぼは遅いほうで 高知市では7月中旬以降ナツヒカリや南国育ち等

早場米が続々と取れてス-パ-にも並んでいます。

コシヒカリは収穫は遅いほうのようです。

遠い畑の近くでは二期作も始まっています。

一度収穫した後にまたお酒用とか飼料用にもう一度稲作をするのです。

長年生きてきてこんな様子を見たのは初めてで農家のご苦労が分かる思いでした。

 

 

ところで本題ブル-ベリ-の話

今年は毎日自動冠水で水浸しの小苗ハウスから

冬には地植えにする予定の品種です。

今自動冠水終わったばかりだから、濡れそぼって幹が黒いですよ。

 

サザンのスプリングワイド

Img_2475

 

同じくサザンTH605

Img_2477

 

小苗ながらラビットのメンディトウ(ジャム用)

Img_2479
Img_2480

 

ノ-ザンのペンダ-

Img_2482

ラビットのセイボリ-やサザンパルメット、サザンク-パ-など

他にも数種類検討中です。

本当はラビットを大幅に植え替えたいのですが、アイラなんて不思議な味で

フレッシュですが収量が少なくてうまくいきません。

 

地植え場所は限られているから、成長不良や味がいまいちなどを

抜いての植替え、晩秋の仕事です。

もう毎年の行事になったけれど、植えるほうはいいけど、抜くのが

大苗になってる樹は苦労しますね~

 

去年の地植え新品種ユ-リカ、トワイライトはともに樹勢はいいですね。

剪定した場所から新芽ジャンジャン出ているのですが・・・困ったことも。

新梢をシャシャンボツバメスガらしきにやられて苦労しています。

他の品種も全部の被害ですが、自然剪定と割り切る限度超えてきました。

あんまりひどいとBT剤デルフィン顆粒水和剤でも散布しないといけない

かもしれませんね。

たしかブル-ベリ-の登録農薬に入っていたと思うのですが・・調べてみなくちゃ。

何か他に良い方法あったら教えてくださいね。

 

それからラビット 市民農園はとうに終わりですが、遠い畑ではまだ収穫期です。

画像はタカヘ、もう大木になって2mの天井ネットも超えてしまっています。

冬には短く切るつもりですが、夏剪定では大胆には切れません。

枝先少しの剪定では秋のうちにそれ以上伸びてきますからね。

Img_2483

果実もまだかなりあります。 お馴染みの扁平果。

Img_2484
Img_2485
Img_2486

もう小粒~中粒になったけど味は甘くて美味しいんですよ~

 

長くなったけど無花果のダルマティとビオレソリエス

Img_2489

切ってみるとまだ少し早かったようですが中はねっとり甘さは十分でした。

Img_2490

 

明日から高知市ではよさこい祭り、もう 毎夜踊り子さんたちの練習が

鳴子の音と一緒に響いてきます。

まあ南国土佐のカ-ニバルですわ。

若い頃はその集団にいたこともあるけど、はっぱは明日は四国から脱出。

去年は北海道だったけど、今年は車で行ける範囲です。

車はネソベリのプリウスは10年乗ったから数か月前から別の車です。

ナンバ-には名前書いてあるから見かけたら多分わかりますね?

 




   

| | コメント (2)

2016年8月 1日 (月)

遠い畑の植物たち①

しばらくご無沙汰でしたね~ 久々の更新です。

あんまり暑いので人間もブル-ベリ-もばて気味の今日この頃です。

今日は遠い畑の様子です。

 

鉢植えヤドキン

Img_2430
Img_2431

 

地植えバルドウィン

Img_2435
Img_2436
Img_2441
Img_2440

市民農園はほとんど終わったのですが、こちらはまだラビットの天下。

遠い畑は少し日当たりが悪いから遅くまで収穫できるのです。

 

でもねえ 色々トラブルもあるのですよ。

まずは縮み果

鉢植えのフクベリ-とヤドキンは多数のシワシワ果実

Img_2434
Img_2443

最初の画像ヤドキンはまだ縮んでないですが、この数日毎日縮みが増えています。

今日なんてスカスカ果実ばっかり!

 

前に市民農園から移植した地植えパウダ-ブル-今年は大丈夫って思ったのに

今日見たら全部縮み果ばかりで ほぼ全滅です~ 悲しいやら情けないやら。

水やりは週2回はしてるのに人間が不調で歩きずらくなった時に乾燥したらしい。

シワシワは早いうちなら戻ることもあるけど この暑さでは望みはないですね~

 

そして虫食い葉

最近やっとコガネ成虫の被害葉は見かけなくなったのですが

こんなのばかり・・・ずいぶん沢山あります~

Img_2437
Img_2438

虫食い葉の中に蓑虫

Img_2445

収穫の日以外はこの葉は一枚一枚テデト-ルですが、ほんときりがないです。

取っても取っても翌日はまた増えてるのですよ。

 

そしてフロリダロ-ズ やっと食べ頃になってきました。

以外に大実で 種がすくなくてさっぱりと甘い味です。

地植えにして大きくしても面白いかもと思いました。

Img_2448 

でもねえ~ カタツムリがデザ-トにしていました・・・

吸われた跡は 透明なあとになって色が抜けてすぐに判別できます。

Img_2447

まあこんな状況ですが、週2回くらい、縮み果の全くないオンズロ-、ブライトウエル、

オノ、ウィトウ、バルドウィン、タカヘの収穫が続いています。

いずれも地植えです。

鉢植えはほぼシワシワ果ばかりになって全滅、地植えのパウダ-ブル-もです。

去年、市民農園でパウダ-がシワになった位で今まで10年以上栽培して

こんなことはありませんでした。 年々異常気象になってるのでしょうか。

 

でももうすぐ終わりと思うとおなごり惜しくてこの子たちが愛おしく思えますね。

一粒一粒に今年もありがとうって声かけして、周りから笑われそうな変な人です。

この畑の他の植物についてはまた後日見てくださいね~

| | コメント (2)

2016年7月23日 (土)

ラビットはもう終わり

暑い暑い毎日皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

はっぱは少々へたり気味です。

先日、足に虫さされが出来てそれを掻きすぎついに皮膚科へ。

尋常でない腫れ具合にずっと処方された抗菌剤500ミリ飲んでいました。

やっぱり薬は副反応というか、眠れなくなったり、なにかしんどかったりで

ずっと弱っていましたよ。

昨日で完治、今日からやっと薬やめました。

足首までのボトムなのにアリとか毛虫など入ってしまうこともあるのですね。

農園作業は完全防備体制で・・・皆様もお気をつけくださいね。

 

 

さてブル-ベリ-当地ではもうほとんど終わり近くになってきました。

何本かの様子を見てくださいね。

まずヤドキンですよ。

この木は友人からの贈り物。小苗がもうすっかり大きくなりました。

球形果実で大粒の実 青田ナ-セリ-の分です。

Img_2427

Img_2426

 

これはミノウブル- 数年前リヴェイルさんのお薦めで買った品種。

ことしは水かれのようで果実がギスギスして瑞々しさがないです。 

Img_2424_2

Img_2423

 

これはノビリス この品種ミノウブル-と似ていると言われますが、

私の観察ではまったく別品種にみえます。

上の果実と比較してくださいね。

ノビリスは大粒性、味で一番のお気に入りなのですが

今年は干ばつで 実が太りません。

Img_2419

Img_2420

Img_2421

   
そして最後の画像は ホルトブル-ハ-モニ-

果実には独特の青みがあってわずかにストライプが入ります。

完熟具合も非常にわかりやすく、軸の付け根にリングがばっちり!    

Img_2415

Img_2417

上記はすべて市民農園の画像ですが 

ここは今日で完全に終わり・・・水分不足で縮み果実が出る有様です。

他にオクラッカニ-なども植えてるのですが、水不足で豆粒ですね。

去年はここで縮み果実になったパウダ-ブル-を遠い畑に移植したのですが

パウダ-はあちらで元気に果実がいっぱいですよ。

市民農園の今年の被害は去年以上なのです。

 

画像に縮み果実が写ってないのは見つけるたびに取りのけるから。

今日この農園はほとんどをつみ取りました・・・

今週いっぱい雨もありませんし、来週も厳しい暑さになりそうですからね~

味の評価書いてないけど、どれも水分不足の実は甘いだけで評価対象外です。

ジャム用にのみ使用でしょうかね~

 

揚水ポンプで何度か水やりもし、雨も降りすぎの時期もあったのに。

市民農園のラビットの部分だけ毎年水枯れ現象がおきるのです。

市民農園の北側は水不足、南側は水分多すぎでネルトンパイプ埋めたくらいで

苦労します~

 

 

さてこちらは遠い畑 鉢植えのフクベリ-です。

これも去年市民農園からの移植組。

地植えから鉢ですが、まあまあ調子良さそうです。

大粒が垂れ下がっていますよ。

Img_2409_2

Img_2410

遠い畑ではオンズロ-、バルドウィン、ブライトウエル、オノ、ウィトウ、

タカヘなど地植えの2Mクラスは害虫と戦いながら、大きな果実着けてくれます。

でも今年は熟成が早く来月初めには終わりそうです。

 

さすがにそれ考えるとまた一年かと寂しい気持ちになりますね~

 

 

さて遠い畑の小苗ハウスには こんなものが!

Img_2411

部分を拡大すると

Img_2412

樹上にできたアリ塚のようです。

これは鉢ごと運んで畑のそばの小川でこそげ落とし水洗い。

最初の虫さされの原因はこれだったのかも・・・

 

| | コメント (12)

2016年5月16日 (月)

初収穫

今日は早朝から雨なのですが、先日からのパソコンのデ-タ移動で

忙しくしています。前のがビスタですから苦労してますよ。

 

画像は昨朝日曜の初収穫。  

009

大小色々ですが約300グラムくらいです。

品種はユ-リカ、オニ-ル、スタ-、レベル、ジュエル、ス-ジ-ですね。

 

明日は雨だと分かっていましたので その後は雨に弱い品種に雨よけ設置です。

016

019

なんか不格好なものですが、無いよりはましかの気休めです。

 

5月15日の初収穫は栽培初めて一番の最速ですが、多少早めの果実も

サザンだからほとんどOK美味しかったですよ。

さすがの大粒ユ-リカの味はまだ普通 ぱりっとした食感でいけます。

柔らかめの他品種と違って口に入れた瞬間に分かりますね。

大粒=まずいではないと この品種には実感できました。

ただ、強健か、豊産性は?と言われればまだ1年目の結実では不明です。

同時購入のトワイライトはまだピンクです。OP1も1.2個は色づいたのに・・

まあブル-ベリ-はすぐには結果分からない品種が多いですね。

 

早さの自慢たらたらの見せびらかし記事書いてしまいましたが、

記録記事ですからお許し下さいね。

鹿児島県とかまだ早い所もあると思うのですよ~

| | コメント (6)

2016年5月13日 (金)

ハマキムシ

最近毎週のように雨が降りますね。

晴れても当地の場合温度が上がらずいつもの年とは様相が違います。

もう数年前に南国は返上しているのですが、

今日なんか温度予報では北海道と同じ最高温度24度なのですよ~

 

さて今朝の市民農園で~す。

最近元気な葉の一部がくるっと巻かれて 

003

丸まった先から こんなの覗いていました。

001

地面に下ろすと もそっと出てきたグロテスクな虫が。

004

今回は孵化して出てくる途中の幼虫が、多く見られました。

うちでは特にコリンズに多かったですね。

これは葉巻蛾の幼虫で葉や蕾、果実の表面を食害するようで

巻かれている葉の近くには一部を囓られた葉たちがたくさんです。

500種類とかあるようで 正式名前は解りませんが、嫌な害虫ですね。

いつもはこんなに出てくる前に葉を切って始末するから

こんなモノは初めて見ました。

 

晴れたり降ったり結構湿度多いと思います。

虫は他にもナミテントウとかシャクトリ、オトシブミなどが発生して、

見回りを怠けると酷い目に遭います。

だから大雨の日以外は毎日畑通いですが、雨の後晴れた朝には

特に何種類かいますね~

オオミノガもラビット畑の葉陰に隠れていました。

 

でもせっかく色づいてきたブル-ベリ- だめにしたくないです。

今はスタ-、ユ-リカ、ジュエル、ス-ジ-ブル-が20%位でしょうか。

後はオニ-ル、レベル、サンプソン、サファイア、エメラルドなどが

2番手でしょうか。

色づきは下枝の果実が多いですね。何でかな~

 

日曜には熟れてる分少し収穫し今年の味見をと思っています。

月、火と雨の予報だからその前に収穫、サザンだから味も乗ってるはず!

一般にハイブシュ系は受粉から45日~75日で収穫と言われています。

うちは早生種の一部は4月25日頃から満開だったから、もうよい頃か。

さてお味は? 来週の記事になりますね~

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REピンクレモネ-ド | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605