REモンゴメリ-

2016年5月31日 (火)

不作の原因は?

昨夜も少し雨が降ったのか、小さめの地植えラビットに水滴が。

ここ市民農園は加湿と乾燥が極端で 去年もラビットの収穫はあまりなかった。

去年より1年成木に近づいたのですが、今年もはかばかしくはない。

 

記録のため幼果の画像アップしていきますね。

 

これミノウブル-  T100と似ているとか聞くけど果実はまだ小さい。

Img_2211

Img_2212

 

ハ-モニ-  これが一番果実充実しているほうです。

Img_2214

Img_2215

Img_2216

コンテナ側のスリットは雑草取りのバケツ代わりに使用してます。

 

モンゴメリ-は丈が短く 至って開帳性に。

Img_2218

Img_2219

 

いずれも3、4年生位だから 樹形はこれから。

時間かけて作っていくので、今は見逃してくださいね。

ハ-モニ-だけは中心軸出来てまあまあの樹形でしょうか。

 

毎年あんまり生らなくてラビットは全く当てにしてない畑ですが、

今年はT100とバルドウィン、ブライトウェル、フクベリ-なんかが

この3種よりはわずかだけましのようです。

 

この畑では普通に考えると難しいはずのハイブッシュ系が良くて

ラビット系が全然だめな不思議な畑です。

 

畝の違いというか、ラビットを植えてる場所が傾斜の下側になり、

ハイブッシュ畑はゆるい傾斜の上で平地になるのです。

ラビットの場所は雨水が通過だけでしみこみがないのでしょうかね~

雨水はラビット畑を通ってさらに下の農業用側溝に流れ込むのです。

去年はパウダ-ブル-がウメボシになり、全滅でした。

 

まあ自分の栽培技術棚に上げて色々考えてしまいます。

だって遠い畑のラビットは2M近い大樹になって、毎年の収穫量は

市民農園と比べものにならない・・・のです。

ただ遠い畑にも、ちっとも生ってくれない難しい子もいますけどね~

| | コメント (4)

2015年7月27日 (月)

新梢ばっちり

台風と長雨でさんざんだったけど 良いこと一つ

 

ラビットのモンゴメリ-  

002

上から 見たら

003

 

    
  

ラビットのT100(ノビリス)

004

上画像の根元からのシュ-ト

 

              下画像は枝先の新葉を見てね。  

005

あんなに嫌な雨だったけど 少しは嬉しいこともなくっちゃあ

やってられないよ!

 

小苗を地植えしたら、鉢植えより生長は遅いです

が しっかり土に馴染んだら爆発します!

但し樹形は いいっこなし~

| | コメント (10)

2014年4月18日 (金)

今年の不調苗

原因不明の不調苗は地植えのモンゴメリ-

市民農園でこんなになっていました。

Dsc06330

この画像は不調に気づいて 枝先を剪って1週間経過した写真

やっぱりダメのようです。

Dsc06331_2

Dsc06332

前には元気だった2本のシュ-トも シワが寄ってきました。

去年は味見できて その美味しさに感動したのに・・・

ラビットなのに原因が不明です。

他の樹は元気いっぱいなのに 1本だけ不調。

地植えだからコガネではないと思うし、近々掘り出して検証予定。

 

鉢植えの不調はノ-ザンのル-ベル

解約した近所の畑に地植えしていたのですが 去年秋鉢取り。

原種に近い品種だと思っていたのですが 考え甘かった~

思い切って剪ったらこちらは ほら

Dsc06317_2

少し出てきたのです。

Dsc06318

悲喜こもごもで 思うようにはいかないものですね~

|

2013年9月 4日 (水)

ラビットの地植え小苗

今日は今年借りた新畑に植えたラビット達の様子です。

まずはNZ品種オノ

Dsc05768

今年も少しは成ったのですが、ちょっと味見の程度。

遠い畑に大苗が居るから収穫はもっぱらそちら。

意外と繊細で美味しい感じしたよ。勿論大粒。

同じNZでも少々あつかましいウィトウとは大違いの感。

 

さてこれはリョクサンのモンゴメリ-

Dsc05769

横広がりの開帳性だけど もの凄く元気です。

大分前に今はブログ休止している広島のブロ友から頂いた苗

この苗見る度にお元気かなと思い出します~

 

これはサウスランド

Dsc05772

これは随分上に伸びてしまいました。

180の天井に届きそうですよ。

この品種タネが大きいとか、ブル-シャワ-みたいとか

良い評判聞かないからちょっと敬遠していた。

ところが一昨年だったか、80円で小苗売ってて安さに負け購入。

でも今年食べてみたら結構いけたし、悪くは無かったです。

 

そしてこれはアイラ

Dsc05774

これは言う事無しで甘く美味しい品種

摘み取り園向きと有るとおり、数粒食しただけだけど

すっかり気に入ってしまったのよ。

新梢寝ているのもあるけど、まあ全体は強健そう。

 

この子達が一年の地植えで来年はどこまで生長できるか、

自分の腕次第?期待はできないけれど頑張ってみようかな~

 

今やっと雨も小休止、午前中は事務所の床上まで来るかもと心配した。

前の道路すっかり冠水して車通るとゴミと波が押し寄せる。

でも急に明るくなって陽も出てきたようだからもう大丈夫の様子。

最高温度に台風に大雨、ほんとに今年は変な夏でしたね。








| | コメント (2)

2013年4月19日 (金)

3本の挿し木のその後

今日は最高19度の予報で、昨日よりずっと寒くなってきました。

毎日温度が急激に変化して ブル-ベリ-にはどうなんでしょうね。

 

これ2009年広島のブロ友さんから 送っていただいた3本のモンゴメリ-

その1本の当時の画像  ネ-ムプレ-トは記念に今も苗の横に。   

2010_0104_114536p1080107

 

少し大きくなってしっかりした小苗になってから

1本は東京だったと思うけど? 養子に行った。

その後もう1本の所在は記憶にない。

枯らせた覚えはないから これも何処かに養子に出したのよねきっと。

 

さて残り1本のモンゴメリ-

今年は鉢から抜いて新畑に地植え

Dsc05272
Dsc05273

微妙に色の違うお花開花して来ました。

光線の具合でしょうか。

 

地植えと言っても少し深植えすぎたのか 全体像こんな具合

Dsc05274

きしゃな細い枝が伸びて その先に花が。

余りにも小さな苗ですが、本当は4年生。

もっと大きくなっても良いはずですが そこが悲しいところ

去年一昨年と体調悪く 鉢替え怠けてそのままでした。

ラビットだからと後回しにしていたのです。

 

それでも枯れる事もなく元気に枝伸ばしてくれて 嬉しい~

今年も小苗ながら 果実稔らせてみます。

小さくても年数たったラビットですもの。

やっと地植えに出来たからこれからは存分に生長してくれるでしょう。

 

ちなみに去年のモンゴメリ-の果実は これ

Dsc04339

ご覧の通りの大粒なのですよ~ 粒の重みで枝垂れ下がるのです。

味はジュ-シ-で甘味もあっていいせんでしたよ~

これを下さった方もお忙しいようでブログは休眠中。

先月ちょっと一言書いていらしたけど・・・またご多忙のようで。

懐かしく思い出しますね~

| | コメント (6)

2012年8月 8日 (水)

最近のハルハウス

近所のハルハウス中苗小苗置き場です。

毎日暑いから、小苗の蒸散は相当なもので、水遣りは1日おきに。

用土が軽いからか、苗の生長は大変良くてその点は嬉しいのですが

水遣り結構忙しいです。

小苗だけれど果実着けてるものもあり、これもその1鉢。

Dsc04339

モンゴメリ-です。

2009年広島からきた爪楊枝。

やっと大きくなりました。

初めて味見したら、ジュ-シ-で甘味もあり爽やかな風味。

今年大関さんでもNEW品種として売り出している。

大関ナ-セリ-苗木カタログvol.12の表紙になってるあの品種です。

果実は大粒のようで

Dsc04340Dsc04342

良くしまった果実品質だし、小苗でもいける味。

この品種大きくするのが楽しみになった・・と言いつつ

小苗に無理をさせているがラビットだから強健と勝手な思いこみ。

葉は

Dsc04341

厚めでしっかりしているが、小葉の様子。

少し収穫したら、後は剪定して鉢ましで

最終は遠い畑まで持っていこう・・・そんな品種です。

 

 

ハルハウスには鉢植えのイチジクも

Dsc04343

果実も上だけでなく  もっと下にも

Dsc04347

1個だけ熟れたのあって 早速味見

美味しかったですよ  これはバナ-ネだったかな。

Dsc04346

 

 

ハルハウスにはラズベリ-の仲間も地植えしていて

もう秋果が 色づいています。

確かこの品種春先にも少し成ったのに。

2期なりなのですね  サウスランドです。

Dsc04348

 

この子達みんなの命かかっているから

水遣りも丁寧に時間掛けて 頑張っているこの頃です。














| | コメント (6)

2010年12月22日 (水)

小苗と用土の根洗は

何度も書いているのですが、冬だけ陽の当たる我が家のバルコニ-。

夏は通風悪く、蒸し暑くて病害虫の楽園です。

  

そんな環境にも耐え抜いて 最近シュ-ト出してきた品種達です。

これはT142別名ラビットのグロリア

Dsc00952

非常に強健で旺盛な品種のようだけど 前の古葉も何とか健在。

まだ4号スリット在住です。

 

似たような生長具合のラビットのモンゴメリ- 2本有ります。

古葉は気の毒な状態ですが、新葉の瑞々しい色。

一枚一枚の葉の中心線がはっきりした特徴のある品種ですね。  

Dsc00953

 

どちらもVさんからの小苗の頂き物 去年の秋です。

こんな葉っぱになったから シュ-ト出るまで記事に出来なかったのです。

1年越えてこの生長ですからVさんに恥ずかしいですけどね。

  

バルコニ-に陽当たる期間は、このまま生長させて

3.4月に6号に植え替えし、離れたネットハウスに移動します。

うちの栽培では6号まで生き抜いたら 後は大体大丈夫で

自然が育ててくれます~(手抜きの言い訳ですが)

  

 

こんな小苗達挿し木の基本用土が大切で、号数増やす度に用土重ねるからね。

家で最近まで使っていたカナダピ-トと鹿沼土の挿し木用土は鉢まし用土と合わなくて、不調の原因になります。

不調苗の根の奥には真っ黒のピ-トらしきが、そこだけ水含んでるの多く見ました。(まあ根本は水の与えすぎも有ります)

始めからカナダ産ピ-ト鹿沼土使わなければ良いのですが、挿し木はこれが良く着くのです。接着密度の問題でしょうか。

私が普通に用土に使っている北欧産ピ-トは粗いのか、挿し木にはイマイチです。

  

有る程度の所で、根洗いで鉢替えし成木まで4.6.8.10と4回は鉢ましです。

それで、最初の用土は古くなってくるのですけどね。

家では2.5号くらいに2本挿したりだから、4号に鉢まし時 根洗いして枯らしたり。

本当は1鉢に1本の挿し木で4号の鉢ましでは根洗いしないで、もっと根がしっかりしての根洗がいいと思うのですが・・・怠け者はうまくいかない。

  

根洗は購入品で用土が全く違う時や不調苗以外は、出来るだけしないほうがと基本的には思っていますが・・・・

ただ不調苗は挿し木した用土でそのまま根が固まって、鉢まし用土に全く根が伸びてない場合を何度も経験しました。

購入品のそのままの鉢まし植えでも 必ずそんなになりますね。

手抜き植え付けで何本枯らした事か・・・

家のは小苗の時に根洗い、市販品は購入時根洗いで、生長著しく遅れこれも問題有りです。

せめて挿し木用土で出たばかりの小根を根洗いしない方法考えないとね。

それには挿し木用土=鉢まし用土にすれば問題なしだけど・・・

今年は成績悪かった。

  

皆さんにもそれぞれのやり方有りますでしょ。

うちもころころ考えや用土変えては やり直しばかりですよ~

| | コメント (8)

2010年1月 4日 (月)

この花芽はどうしたの

明けましておめでとう御座います。

今年も下手な栽培日記続けさせていただきますね。

どうかよろしくお願い致します。

  

新年もはや4日過ぎて明日からは仕事の毎日。

夕焼け空を見ながら、お休みもあっという間、

思ったこと何も出来なくて、寝正月だったなあとしみじみ思っています。

 

予定していた年頭のブル-ベリ-仕事、低温と風邪熱に邪魔されて、全くの手つかずでした。

この休みに挿し木小苗たちの鉢ましをするつもりだったのです。

これなら準備は用土と4号鉢だけですのにね。

うちのは挿し木ポットが小さすぎてこの温度なのに晴天だと毎日水やりしないとからからなのです。

春から夏中日当たりの悪いバルコニ-は真冬は異常に最高の日当たりに変身するのです。

 

今年の冬は全国的に寒さも乾燥も厳しいようで、当地でも昨日も最低-0.3度の市内、山間部では-4度のところも。

ブログもすっかり休んでしまって、ゴロゴロ寝るだけでしたね。

 

さて今年の最初の記事は頂き物の挿し木

2010_0104_114536p1080107

この蕾先がピンクがかかっていると思いませんか?

まさかこんな小さな枝で咲くつもりないでしょうね。

このポットは大きくて3本入っているのです。

せめてこのくらいのポットならゆったりするのにね。

でも本心はついでに3本に分けたかったのです。

 

他の1本はこんなでピンクっぽくはないのですけど。

2010_0104_114552p1080109

残り1本もほぼこれと同じ成長、枯れてはいません。

 

これはまた後日、春の仕事でも遅くはないようです。

しばらくは冬眠して暖かくなったらゆっくりやりますね。

 

| | コメント (15)

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHピンクレモネ-ド | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605