SHウィンザ-

2017年4月24日 (月)

ウインザ-、ファ-シングの幼果

 
昨日の日曜快晴で1日中畑に
先日記事にしたウインザ-とファ-シングの様子見です。
 
 
これはウインザ- こんな塊がいくつも着いています。
 
Img_3263   
Img_3264
 
木は小さめだけど年数の経過だけに 果実はそここに。
 
 
 
さてファ-シングのほうは球は大きいけれど数が少ない。
まあこんなものでしょうね~
 
Img_3260  
Img_3261
 
どちらも早生種の大粒になりそう。
今年こそ果柄痕の様子比較してみますね。

| | コメント (8)

2017年4月14日 (金)

ウインザ-はいかが?

 
今日の2記事めはウインザ-とファ-シングについて
 
この画像はウインザ-4月1日の撮影
開花始めは花のリブがはっきりしたコントラストになります。
画像では少ししか撮れなかったのですがこのリブの紅さ
とてもきれいな花ですよ。
 
Img_2925
 
 
4月10日 には大分白くなってきたのですが
あちこち腐った蕾が見えますね。
 
Img_2990
 
 
4月13日の画像急に高温になったせいか、
幼果が出てきましたが 湿度に弱く花殻が汚く垂れさがっています。
 
Img_3149
 
このウィンザ-は前からあるのですが、収穫時期が雨と重なったりで
うちでは十分食するほど収穫できません。
 
オ-シャンさんの品種解説では
果実大きく果皮はうすく硬い。果肉は軟らかいので食感が良くバランスが良い。
果柄痕の乾湿は中で 果柄痕の大きさは中から大とある。
 
 
 
 
これの補足代替品種とされるファーシングを見てみると
大関さんの解説では
大粒で硬い、パリ感があって日持ちが良い。
果柄痕は良いし、花は遅くジュエルやエメの後とか。
要するに遅霜の被害も心配ないし、果柄痕が乾いていて痛みにくいし、
果肉が硬いから日持ちするってことでしょうか。
 
そのファ-シング 4月1日 画像
 
Img_2920
 
 
4月10日画像 確かになんかすっきりしてるような。
 
Img_3034_640x480
 
 
4月13日画像
あまり痛み花や腐り花柄は見当たらないようす。
ただし全体に花数は少ないようですね。
 
Img_3151
 
去年もこの比較して果柄痕の様子調べたのですが
こちらでは多湿な土地柄、一部雨期にもかかって 結局は分からずじまい。
 
今年こそ果柄痕の乾湿も含め、味の具合など吟味してみたいと思います。
 
ウィンザ-を栽培されてる方、どんな具合でしょうか。

| | コメント (2)

2016年5月26日 (木)

ファ-シングの優位性は

昨日今日と終日の雨で憂鬱になってしまいますね。

でもブル-ベリ-にとっては恵みの雨 喜ばなくては。

一週間以上の晴天は株にはストレスになるようです。

 

さて今日の記事はサザンのファ-シング

販売元の説明では  大粒で硬い 甘くて食感はパリッとしている。

              収量は多い とか。

そして気になる一言が ファ-シングはウインザ-の補足、代替品種と。

なにが変わったのでしょうね~

 

 

これはファ-シング 支柱に括るのはこれからですが 確かに大粒です。

色づきはまだ僅か で樹が若いため枝が弱弱しい。

Img_2133

ブル-果の拡大です。

Img_2134

幼果もきれいです。

Img_2135

 

 

比較にウインザ-を見ると   半開帳性で枝は堅そうですね。

Img_2140 

ブル-果はファ-シングより多いですが 果実にむらがあります。

やっぱり私の手にかかるとこんなになる・・栽培下手なんです~゚゚(´O`)°゚

Img_2138

幼果もよく似ていますよ。


Img_2139

 

最初の文章にもどって何が補足かの続き見てみますね。

ウインザ-は大きく湿った花柄痕らしいのです。

ファ-シングではそれが改良されてるとか 今の段階ではわかりません。

去年私はそれには気づきませんでしたね。

ブル-リッジやレビ-ルなどでは感じた事あるけど・・分からないほど収穫少なかった。

ウインザ-栽培の皆さま花柄痕は大きいですか?

 

それとファーシングの開花を遅くして、早生種のエメやジュエルより遅いとか

これは遅霜のリスクなのでしょうが当地ではそんなに関係ないです。

 

ということはうちではあんまり関係ないことだったようです。

花柄痕については今回注意してみてみることにして何でも購入の自分に反省。

結論はよく似たの2種育てている物好きってことでしょうかね。

まあこれもいいか~o(*^▽^*)o   

 

| | コメント (8)

2015年10月20日 (火)

ファ-シングとウィンザ-

最近変な口内炎になって、食べ物が沁みて困っている。

昨日歯科医院にも行ってきたけど はかばかしくは治らない。

食事量が減るのはダイエットにもなってまあいいか~

 

さてブル-ベリ- 16日にサザンのファ-シングが到着。

少し下葉が紅葉の気配。

001

今年の大関さんの根張りの良さはみそのさんのブログのとおり。

 

さっそく市民農園に地植えした  といっても18日の話。

1ヵ月くらい前に穴掘って、ピ-トや籾殻他を入れて用意していた。

今年ほど丁寧に用意周到にしていた年はない。

我ながらどうした気分なのか分からないよ。

やっぱり北海道のブロ友の丁寧な仕事に影響うけたみたい・・

できあがりはこんな風です。

002

ファ-シングの品種解説は 早生でスタ-と同期収穫

実を付けすぎる傾向があり剪定で果実は大~特大になるとか。

果実はパリッとした食感で甘いとか・・・

話半分でも つい期待してしまうね~

 

これとよく似た品種サザンのウィンザ-

小さいながら今年初味見 さすがのお味でしたね。

これは接ぎ木 大分紅葉してきたけど

004

新梢も出てきて 嬉しい品種。

005

開帳性のようで 春に出た枝はいつの間にか横に飛び出し

軸は赤みを帯びている。

006

ファ-シングはこのウィンザ-の果柄痕の大きさや湿りを

改良した品種と書いてあった気がしたが今探したらその記述はない。

私の勘違いだったのかな?

 

この畑でこの2種を比較しながら観察していこう なんちゃって!

まあどちらかが不調にならなければ可能でしょうね。

 

何か今年はサザンばかり買ったけど、栽培はサザンが一番難しい。

最近ちょっとのことで不調になるサザンを見ているとそう思える。

ノ-ザンにはサザンにはない底力のようなものある気がする。

まあ最初からノ-ザンは強健サザンは微妙って分かってはいるけど

あの失敗のない甘い果実が捨てがたいのよね~

| | コメント (4)

2015年9月12日 (土)

オ-シャン品種どうしようかな

うちにも昨日やっとオ-シャン貿易からカタログが届いた。

内容はネット販売のとほぼ同じ・・・どうしょうかな~迷っています。

まあ一頃の5本買いの縛りが無くなって去年から1本購入出来るように

なったのは嬉しい限りですけどね。

去年買い逃した品種もあるから気持ちは前向きなのですが 場所が?

春に貸し土地70坪を解約した事もあって、慎重になっています。

 

さて今日の記事はサザンのウィンザ-

名前が立派そうで気に入るね~

全体はまだこんな小苗  でもがっちりした樹形です。   

001

地植えだけど 今年の梅雨、秋雨を乗り越えて

枝先には新芽伸びています。

004

葉っぱはこんなの スマ-トに伸びたごつめの葉っぱ!


005

枝からの新梢も 今回は上向きで 嬉しい色。

006

今年も私のことだからもちろん果実ならせた。

少しだけど味は最高 オニ-ル風の口当たり柔らかめの実。

それでも弱ることなく 来年の花芽も着いてる様子。

これの収穫量はまだ分からないけど、強健であるのは確か。

果実の大きさはまだ中の大くらいだったように記憶している。

 

果肉は柔らかめでも枝は硬い。

技術的には全く下手な私は自然と畑の土にお任せの栽培。

さて来年はどのような展開になるかな。

 

| | コメント (14)

2014年5月15日 (木)

ウィンザ-の味はどうなのでしょう?

今年初味見予定の新品種 サザンのウィンザ-7号鉢

Dsc06507

販売元によると 果実大きく果皮薄く硬くて果肉は柔らかい

           糖酸のバランスが良い

           樹勢は強健で開帳性 収穫は6月中旬~7月上旬とか

長く伸びた枝先と 下枝のモシャモシャに果実が着いてきた。

Dsc06508

こんな可愛い子ですよ~

さてお味はどうなんでしょう? 

 

こちらは去年購入で畑に地植えしたサザンスプリングハイの残り。

地植えも何があるか判らないから 保険苗として・・・

Dsc06511_3

主幹は大きく逞しくなってきた。

小苗の場合地植えより鉢植えが生長が良いようです。

もう6号では盛夏は越せないですね。

ハルハウスの中ですが 下葉に害虫被害が。

Dsc06512_2

整枝をして鉢上げ作業しなくてはいけないです。

でもこの梅雨終わってからに・・・

 

今は毎日の観察が忙しく 時間許す限り2つの地植え畑に付きっきり。

先日のスタ-も翌日の夕方には こんなになってます~

12日夕方の画像

Dsc06513

今日は15日 熟れ具合は? 雨が終わったら昼休みに見回りします。

この時期の果実が最盛期より嬉しい 変なオバサンです~

| | コメント (4)

その他のカテゴリー

その他 | イチジク | オリ-ブ | グルメ | ブル-ベリ-全般 | ホ-ムセンタ- | 品種不明苗 | 小桜インコ | 旅行 | 植物全般 | 資材 | 遠い畑の開墾 | HBRテラスブル-ベリ- | HBRパシフィックブル- | HBRブル-ジュエル | HHセントクラウド | HHトップハット | HHノ-スブル- | HHノ-スランド | HHポラリス | NHおおつぶ星 | NHじんば青 | NHア-リ-ブル- | NHエチョ-タ | NHカ-ラズチョイス | NHクロ-トン | NHグレ-ティクロップ | NHコリンズ | NHコンコ-ド | NHサマ-タイム | NHサンセット | NHシエラ | NHジュ-ン | NHスタンレイ | NHスパルタン | NHダロ- | NHチャンドラ- | NHデニスブル- | NHデュ-ク | NHトロ | NHヌイ | NHネルソン | NHハナンズチョイス | NHハリソン | NHハ-バ-ト | NHバ-クレイ | NHパトリオット | NHブリジッタ | NHブル-へブン | NHブル-クロップ | NHブル-スタ- | NHブル-チップ | NHブル-レイ | NHブル-ロ-ズ | NHプル | NHペンダ- | NHリンダブル- | NHレガシ- | NHレビ-ル | NH品種X | NH天香ブル-アイバン19 | NH天香ブル-NU105 | NH天香ブル-NU59(ブル-スカイ) | REアイラ | REウィトウ | REオクラッカニ- | REオノ | REオレゴンブル- | REオンズロ- | REオ-スチン | REクライマックス | REグロリア | REコロンブス | REタイタン | REタカヘ | REティフブル- | REノビリス | REバルドウィン | REバ-ノン | REパウダ-ブル- | REフクベリ- | REフロリダロ-ズ | REブライトウェル | REプレミア | REベッキ-ブル- | REホルトブル-ハ-モニ- | REホ-ムベル | REミノウブル- | REモンゴメリ- | REヤドキン | REレッドパ-ル | SHア-レン | SHウィンザ- | SHエメラルド | SHオザ-クブル- | SHオニ-ル | SHカミ-ル | SHガルフコ-スト | SHクラベン | SHク-パ- | SHケストラル | SHサウザンスプレンダ- | SHサウスム-ン | SHサザンゼバブル- | SHサニ-ブル- | SHサファイア | SHサミット | SHサンシャインブル- | SHサンタフェ | SHサンプソン | SHジュエル | SHスタ- | SHスプリングハイ | SHスプリングワイド | SHス-ジ-ブル- | SHセブリング | SHダップリン | SHデキシ-ブル- | SHトワイライト | SHナイトジェム | SHニュ-ハノバ- | SHパマリコ | SHパルメット | SHヒトミ | SHピンクシャンデリア | SHピンクレモネ-ド | SHファ-シング | SHフロ-ダブル- | SHブラッデン | SHブル-クリスプ | SHブル-リッジ | SHプリマドンナ | SHホルトブル-ペティット | SHミスティ | SHミレニア | SHユ-リカ | SHリヴェイル | SHレノア | SHレベル | SHTH605